ムラサキオモトの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

ムラサキオモトは、
オモトの中でも、寒さに弱い特徴があります。

暖地であれば戸外で越冬も可能ですが、
基本的には、冬は室内で管理 する観葉植物と考えて下さい。

ムラサキオモトは、
熱帯アメリカに分布する多年草です。
日本には江戸時代に渡来しました。

株姿がオモトに似ており、
葉の裏が紫色になるところからこの名前があります。

そこで今回は、
ムラサキオモトの育て方について
肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、
元気に育てるコツを紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

ムラサキオモトの育て方について

ムラサキオモトの土づくりについて

ムラサキオモトは、排水性・通気性・保水性が重要です。

基本的には水はけの良い用土使用します。

川砂・軽石・日向土・富士砂・
パミス・赤土などを単用
または適当に配合したものが使われています。

ムラサキオモト

 

 

 

ムラサキオモトの植替えの仕方について

植え替え時期は秋といわれています。

夏の暑さに耐え、秋に成長し、
冬の休眠に備える時期です。

紅葉の時期までに植え替えは終わらせたほうが無難です。
晴れた温かい日に終え替え、
水をたっぷりあげることをおすすめします。

個人的には地植えのほうが楽で調子がいいです。
鉢植えはひと鉢ひと鉢管理できるので、
どちらかというとプロ向きの感があり、やや手間がかかります。

鉢植えの場合、根は空気をほしがるので、
根詰まりのしにくい用土で植え替えます。

 

 

 

ムラサキオモトの肥料の与え方について

5月~9月の生育期に、
2ヶ月の1回くらいの割合でマグアンプを株元に与えます。

生育期以外は肥料は必要ありません。
逆に根を傷める原因となりますので避けましょう。

マグアンプ

 

 

 

 

ムラサキオモトの水のやり方について

春から秋の生育旺盛な時期は、
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

真夏は特によく育ち乾きやすいので、
たっぷりと与えましょう。

逆に、冬は多湿にすると根が傷んでしまうので、
秋口から徐々に水やりの回数を減らして、
真冬は土の表面が乾いて数日してから
水を与えるようにしましょう。

 

 

 

ムラサキオモトの増やし方について

ムラサキオモトは、挿し木で増やすことができます。

用土は、肥料分の少ない土がいいです。
熱帯性の植物ですから、日最低温度が20~25℃がいいです。

 

また、株分けでも増やすことができます。
ムラサキオモトは過湿を嫌い、根の傷口から腐りやすいので、
株分けをする時は、鉢から抜いて土を洗い落として、
根茎を切り分けますが、
切った後は暫らく風通しの良い日陰に置いて、
切り口をしっかりと乾かしてから、
水はけのよい観葉植物用の培養土で植え替えてやりましょう。

 

 

 

ムラサキオモトの置き場所について

秋から春は、日当たりの良い室内で管理します

日の当らない玄関ではなく、出窓が有れば出窓へ、
なければ、日当たりのよい窓辺などの室内に置いて下さい。

日照不足だと間延びして発色も悪く貧弱になります。

10月中旬から4月上旬の置き場所は、
室内の日当たりのよい所で、
冬の最低温度は5度以上で管理して下さい。

ムラサキオモトは、一年中日当たりを好みます。

 

 

スポンサードリンク




 

暖かい時期は、屋外で日光に当てます

ムラサキオモトは、日光をたっぷり浴びるとよく育ちます。

一年を通して日当たりのよい場所で育てましょう。
室内や日陰で育てていて、葉のつやが悪くなってきたら、
徐々に日当たりの良い場所に移してあげましょう。

いきなり日陰から直射日光の当たる場所に移動させると、
葉が日射しで日焼けしてしまいます。

 

 

 

 

ムラサキオモトには、HB101がお勧めです

HB101は、宣伝がすごかったので、
初めて使ってみました。

効果は気がついたら「病気が出なくなっていた」です。

以前に定期的にやっていました。
実感がわかずに辞めました。

そして気がついたら、
使用している時は病気の症状が出なかった。
辞めたら発生した、です。

それと最近口角のところが割れてきたのですが、
101を塗ったら治った、です。

もちろん治る時期だったのかもしれません。
できたのに気がついて塗って2、3日で良くなりました。

HB-101

 

 

 

ムラサキオモトの病害虫対策について

ムラサキオモトの害虫対策について

使用する道具

 

ハダニ

ダニ太郎を散布します

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
ハダニの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

 

 

 

ムラサキオモトの病気対策について

特にありません、

 

 

 

まとめ

ムラサキオモトは寒さに弱いので、
越冬温度は5℃以上が必要です。
置き場所は日当たりを好みます。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す