頭痛の原因について 頭痛のタイプごとの対処法について紹介します

誰もが経験したことがある頭痛ですが、

頭痛と一言で言っても、その原因は様々で、

それよって予防法や対処法が大きく異なります。

そこで、頭痛の原因について、

頭痛のタイプごとの対処法について紹介します。

スポンサードリンク




頭痛の種類について

緊張型頭痛

緊張型頭痛とは、精神的なストレスや不自然な姿勢、

疲労などが原因で起こる頭痛です。

緊張型頭痛

僧帽筋や後頭筋、側頭筋などの筋肉が収縮して血管を圧迫し、

血液の循環が悪くなるために起こります。

頭痛の原因の7~8割を占めます。

症状は、両側のこめかみから頭のまわりを締め付けるような痛みで、

片頭痛のズキンズキンと脈を打つような頭痛とは痛み方が異なります。

1日中痛みが続き、夕方に痛みが増すような頭痛が典型的な例です。

片頭痛と合併する場合も多々あります。

 

片頭痛

片頭痛とは、頭の血管が拡張することが原因で起こるため

「血管性頭痛」とも呼ばれます。

血管が拡張すると、

その血管を取り巻いている神経が

刺激されるために痛みを感じます。

月に1~2回、多い人では週に1~2回

悩まされることもあります。

痛みの持続時間は1回につき

数時間から長い場合は2~3日続くこともあります。

前兆として、痛みが始まる30分~数時間前に

目の前がチカチカしたり

視界が見えにくくなるケースがあります。

 

群発頭痛

群発頭痛とは、目のすぐ後ろにある血管が拡張し、

炎症を起こすことで生じます。

いったん起こり始めると1~2ヵ月間、

毎日のように襲われます。

しかし、その期間を過ぎれば全く頭痛は起こりません。

頻度は半年~3年に1回程度起こります。

起こりやすい時間帯は、睡眠中や起床時、

リラックスしているとき等です。

群発頭痛は、30歳以上の男性に多い頭痛です。

 

 

病気による頭痛

くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍、髄膜炎、脳炎、

慢性硬膜下血腫など、病気による頭痛です。

これらの頭痛は、

命に関わるような危険な頭痛です。

これらの注意すべき頭痛について知っておくことも重要です。

 

スポンサードリンク




頭痛の対処法について

緊張型頭痛の対処法

緊張型頭痛は、血管収縮による血行不良が痛みの原因となります。

ですので、入浴や飲酒、運動、マッサージなどで血管を拡張させると、

血行が良くなり、凝りがほぐされ痛みが解消されます。

また、緊張型頭痛の誘因となる、

精神的ストレスを解消させることでも

痛みの悪循環を断ち切ることができます。

デスクワークの途中で背筋を伸ばしたり、

マッサージやストレッチをしたりして、

同じ姿勢を長時間取りつづけない工夫をしましょう。

 

片頭痛の対処法について

片頭痛の原因は、

頭の中の血管が拡張したことによって炎症が起こり、

痛みを生じる為、患部を温めたり、

マッサージなどでさらなる刺激を与えるのは逆効果です。

急な片頭痛に襲われた場合は、

まずこめかみなどズキズキと脈を打っている部位を冷やして、

血流の拡がりを抑えます。

冷たいタオルでこめかみを押しながら、

安静にしましょう。

また、光や音などにも敏感になるため、

できれば暗くて静かな場所で休んでください。

カフェインは脳の血管を収縮する作用があるため、

カフェインを含んだコーヒーや緑茶、

紅茶、ウーロン茶などを飲んでから休むのも一策です。

 

群発頭痛の対処法について

群発性頭痛が起こるメカニズムが、

不明な部分が多いため、

現在完全に治す治療はありません。

群発頭痛は、医療用の酸素ボンベから、

マスクで酸素を吸って痛みを緩和させることができます。

病院を通して医療用の酸素ボンベとマスクをレンタルできます。

痛みが出たらできるだけ早く吸入することがポイントで、

5分くらいの吸入で、症状が和らぎます。

 

 

頭痛薬売れ筋ランキング

 

 

まとめ

頭痛の症状と原因・対処法について説明しました。

あなたの頭痛は、どのタイプでしたか?

正しい知識を持って、対処しましょう。

もし、いつもと違う頭痛や

いつもの頭痛であっても、頭痛が頻回になった等といった場合、

頭痛外来や神経内科、脳神経外科、

もしくはかかりつけ医の先生にご相談ください。

 

頭痛薬の購入はこちらからどうぞ
頭痛薬一覧

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す