イガラの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

イラガって聞いたことがありますか?

イガラは毛虫の仲間です。
刺されるととっても痛い毒毛虫です。
地域によっては4~5月、8~10月と年二回発生します。

イガラは電気虫とも言われます。

外敵を察知したイガラが、
全身の棘の先から 毒液を一斉に分泌するため、
ビリビリト痺れたような痛みを伴います。

そこで今回は、
イガラの退治・駆除・予防の仕方について
農薬を使用しない方法や効果的な農薬・
おすすめの方法を紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

イガラの害について

植物の葉や花を食害します

毛虫は単独、あるいは集団で葉や花を食害します。
大量に発生したときには、
葉脈を残して葉を食べつくしてしまいます。

年に2~3回発生し、多くは卵の状態で越冬します。

 

 

 

肌に触れると、激しい痛みと痒みが発生します

イガラに刺されると、
刺激はかなり強く、
場合によっては皮膚に水 疱状の炎症を生じ、
鋭い痛みの症状は1時間程度、
か ゆみは1週間程度続くことがあります。

 

 

 

 

 

イガラ退治の仕方について 農薬を使用しない場合

HB101を使用する

無農薬で野菜や植物を育てるのには、
HB101をお勧めします。

わたし自身も、謳い文句に半信半疑で使い始めましたが、
HB-101の1000倍液は、どんな野菜にも、
使用した場合としない場合では育ち方や害虫被害など、
雲泥の差が出ます。

是非、使ってみてください。

 

HB-101

 

 

 

スポンサードリンク




 

イガラ退治の仕方について 効果的な農薬について(殺虫効果のみです)

ベニカJスプレー(お勧めです)

直噴散布でケムシ、イラガなど
高い所や近寄りたくない害虫を遠くからねらい撃ちできます。
ケムシには速効性と1週間の持続性(チャドクガ、アメリカシロヒトリ・若令幼虫)
があり、散布後に発生した害虫も退治します。
浸透移行性により、
葉の中や散布液がかかりにくい場所に生息している害虫にも効果的です。

ベニカJスプレー

 

 

 

スミチオン乳剤

アブラムシ・スリップス・アメリカシロヒトリなど、
各種の害虫に効果のある家庭園芸の代表的な殺虫剤です。

 

 

 

 

マラソン乳剤

野菜から草花まで幅広く使える家庭園芸の代表的殺虫剤です。
広範囲の害虫にすぐれた効果があります。

 

 

 

 

まとめ

イガラに刺されると、
激しい痛みを伴います。

ですので、イガラを見つけたら
農薬ですぐに退治しましょう。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す