白絹病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します

白絹病は、土壌で繁殖する病原菌です。

その名前の通りで、
発生すると植物の地際部やそのまわりの地面が、
白い糸で覆われたようになり、
そのまま立ち枯れてしまいます。

この病気には、
160種類の植物が感染すると言われています。

そこで今回は、
白絹病の原因や症状について
感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します。

「白絹病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します」の続きを読む…

黒斑病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します

主に、ネギのほか、タマネギ、ニンニク、リーキなどにも
発生します。
また、セロジネやデンドロビューム等、
薄葉系のランはどうしても感染します。

植物は動物等と異なり、一度発生した病斑が直る事は有りません。
それ以上広げない、悪化させないのが治療となります。

最初は、白色の小斑点を生じ、
だんだん色が濃くなって、最終的には枯れてしまいます。

そこで今回は、
黒斑病の原因や症状について
感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します。

「黒斑病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します」の続きを読む…

ウイルス病(モザイク病)の退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

ウイルス病は、別名をモザイク病と言います。

引き起こす一般的な原因としては、
アブラムシによる伝染経路が挙げられます。

アブラムシは病株の汁液を吸うことで感染し、
次に健全株の汁液を吸うことでウイルスを媒介します。

他に、作業に使った道具(ハサミなど)や
人の手に汁液が付着することでも媒介してしまいます。

また、病気にかかった植物は、
放置すると再発するので注意が必要です。

そこで今回は、
ウイルス病(モザイク病)の退治・駆除・予防の仕方について
農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します。

「ウイルス病(モザイク病)の退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します」の続きを読む…

枝枯病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します

枝枯病の発生時期は梅雨期~秋季で、
主に盛夏期に集中します。

枝枯病は、枝の先端に発生します。
細い枝に出来た傷や剪定跡に褐色の斑点が生じ、
それが枝全体をとりまくように拡大し、
病斑部から先の枝葉が枯死します。

そこで今回は、
枝枯病の原因や症状について
感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します 。

「枝枯病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します」の続きを読む…

すす病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します

なんだか葉っぱに、すす状の斑点が広がってた。
なんてことはありませんか?

アブラムシや、カイガラムシなどに侵された植物には、
すす病が発生しやすくなります。

すす病が発生すると、
枯れることはめったにないですが、
植物は弱ってきます。

そこで今回は、
すす病の原因や症状について
感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します。

「すす病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します」の続きを読む…

軟腐病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します

軟腐病は、
キャベツ、ダイコン、ハクサイなど、
アブラナ科野菜の多い病気です。

軟腐病が発症すると、
植物の地ぎわ部に水浸状の病斑ができ、
やがて全体が軟化し、腐敗して悪臭を発生します。

そして、株全体が急に萎れ、
枯れてしまいます。

そこで今回は、軟腐病の原因や症状について
感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します。

「軟腐病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します」の続きを読む…

苗立枯病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します

苗立枯病は、種から発芽後に直ぐに枯れてしまう。
もしくは、定植後から生育初期に茎の地面の際から、
くびれて倒伏する症状です。

この症状になると、
すぐに黒くなって枯死したり、
昼間はしおれ、夜の間は回復しますが、
最後には地際部がくびれたようになり、
倒れて枯死してしまいます。

そこで今回は、
苗立枯病の原因や症状について
感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します。

「苗立枯病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します」の続きを読む…

赤星病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します

赤星病は、
ナシやリンゴ・ボケに発生しやすい病気です。
葉裏に毛羽だった丸い病斑ができます。

カイヅカイブキなどのビャクシン類で越冬し、
春にナシやリンゴ・ボケに移動します。

被害が深刻になると、
葉っぱが枯れて生育が悪くなってしまいます。

そこで今回は、
赤星病の原因や症状について
感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します。

「赤星病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します」の続きを読む…

さび病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します

さび病は、植物が錆の様に、
赤褐色になり、赤褐色の粉末が飛び散ります。

野菜類に発症したさび病は、
主に葉に白い斑点が表れ、やがてその部分が盛り上がっていきます。

そして、褐色色の斑点となり、
表面が破れて、褐色色の粉末が飛び散るようになります。

葉全体が錆に覆われ、
やがて、葉が巻きあがるようにして枯死してしまいます。

そこで今回は、
さび病の原因や症状について
感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します。

「さび病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します」の続きを読む…

もち病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します

もち病とは、
その名の通りで、植物の葉が
もちを焼いたように膨れ、
やがて黒褐色となり腐敗する病気です。

もち病の原因菌は、
カビの一種で、ツツジ類やツバキ類だけに発生する特徴があります。

主に春と秋、降雨が続き日照が少ないと発生しやすくなります。
また、古い葉や枝には感染せず、
新芽などの若い組織に発症する特徴があります。

そこで今回は、
もち病の原因や症状について
感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します。

「もち病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します」の続きを読む…