かりんの育て方について 上手に育てるコツを紹介します

かりんは、中国が原産のバラ科の落葉樹になる果実で、
古くから薬用として用いられました。
日本でも全国で栽培されています。

かりんは果物と言っても、
非常に硬い上、渋くて生では食べられません。
香りを楽しむ、また、薬用成分を利用するような使い方になります。

のど飴やかりん酒など、
薬効成分と共に、この香りを活かした加工に用いられています。

誰もが知っていると言えるくらい、
咳止め、痰、ぜんそくに効果があるアミグダバリンという
薬用成分を含んでいます。
これはかりん酒でも効き目があります。

そこで今回は、
かりんの育て方について
上手に育てるコツを紹介します。

「かりんの育て方について 上手に育てるコツを紹介します」の続きを読む…