テストステロン(男性ホルモン)と薄毛の関係について

テストステロンは、
男性ホルモンの代表格です。

男性ホルモンが強すぎると、薄毛になると聞きますよね。
では、男性ホルモンの代表格である
テストステロンが多すぎると、
薄毛になるのでしょうか?

そこで今回は、
テストステロン(男性ホルモン)と薄毛の関係について
詳しく紹介します。

 

スポンサードリンク




テストステロンとは

精神面で影響を与えます

テストステロン(男性ホルモン)には、
精神活動や老化を司る細胞小器官である
ミトコンドリアの健康を保つ作用があります。

テストステロン(男性ホルモン)がしっかり足りている人は、
イライラすることも少なく、不眠に悩まされることもありません。
また、ネガティブな感情に蓋をする働きもあるため、
不安感にさいなまれたり、うつの状態になることを防いでくれます。

仕事でもプライベートでも、
意欲とチャレンジ精神を持って取り組め、
いつまでもイキイキとした日常を送る手伝いをしてくれます。

 

テストステロンの分泌が少ないと、EDになる恐れもあります。

テストステロン(男性ホルモン)と体の関係は多岐にわたります。
一般的に知られているように、生殖機能に直結するホルモンなだけに、
この分泌が減ることで精力減退や勃起機能の低下を招き、
放置しておくとEDになる恐れもあります。

しかし男性ホルモンを高くキープしている人は、
年齢に関わらず「性の悩み」に縁遠いものです。

 

テストステロンを増やす 売れ筋サプリメントランキング

 

 

メタボを防ぎます

テストステロン(男性ホルモン)は、
血管の状態を正常に保つ一酸化窒素を産生する働きがあります。
一酸化窒素が分泌されることによって、
血管や臓器にコレステロールなどの不純物が留まりにくくなります。

事実、テストステロン値が高い男性は、
生活習慣病にかかるリスクが低いという医学調査もあります。
運動(筋トレ)を行うとテストステロン(男性ホルモン)が上がり、
さらにテストステロン値が上がると、
活動的な意欲が湧くという理想的なサイクルが生まれます。

男性ホルモンをケアすることは、
メタボリックシンドロームの改善に良いだけでなく、
健康に非常に良い作用を及ぼすのです。

 

 

テストステロンの量は、薄毛と関係あるのか

テストステロンは、薄毛と関係ありません

一般的には「男性ホルモン=薄毛の原因」
というイメージが浸透しています。
しかし、仮にそれが事実であれば、
全ての男性が薄毛になっているはずです。
 実際、テストステロンには髪を太くする効果があります。
つまり、テストステロンが薄毛の原因ではありません。

 

薄毛の原因は、ジヒドロテストステロンです

薄毛になるのはテストステロンではなく、
ジヒドロテストステロンという悪玉ホルモンの存在です。

テストステロンが「5a還元酵素」という物質に結びつくと、
強力な悪玉ホルモンである、
ジヒドロテストステロンに変換されてしまうのです。

テストステロンも5a還元酵素も、
それぞれ単独では特に害はありません。
ちなみに、テストステロンと5a還元酵素のどちらかが多くても、
もう片方が少なければ変換される可能性は低いです。

 

 

スポンサードリンク




テストステロンの分泌が少なくなったら、5a還元酵素が増えます

年齢を重ねるにつれて男性ホルモン(テストステロン)の量は、
徐々に減っていきます。
この少なくなった男性ホルモンを補うために、
テストステロンは毛母細胞の中にある
「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素と結び付きます。

そして、ジヒドロテストステロンが発生してしまうのです。

 

 

テストステロンのアップと薄毛対策には、亜鉛がお勧めです

テストステロンの量を保つことは、
男性らしく生きるのに必要なことです。

運動やサプリメント摂取など様々な方法がある中で、
テストステロンの量を増やしながら、
薄毛対策にも効果的と言われているのが亜鉛の摂取です。

亜鉛にはテストステロンを増加させる効果、
男性ホルモンのバランスを調整して薄毛を抑制させ、
栄養素を身体の隅々に行き渡らせる効果があるので、
育毛効果もあるというわけです。

 

売れ筋の亜鉛サプリメントランキング

※亜鉛は、摂取しすぎても良くありません
 食事のバランスが重要なのですね

 

 

テストステロンの量を増やす方法について

十分に睡眠をとる

テストステロンは、夜中につくられます。
とくに、夜中の1~3時の睡眠は重要です。

テストステロンの分泌が低い方は、
長距離通勤で睡眠が十分確保できていない方が多い特徴があります。
そうした方は、週に一度は会社の近くのビジネスホテルに泊まるなどして、
睡眠をしっかり確保しましょう。

 

自分の存在意義が認められる場所をつくる

何らかの自己表現を行い、それを評価されて、
自信を持つことでテストステロンは高まります。

仕事でうまくいって誉められたり、
部下から感謝されるといったことです。

仕事でなくても趣味やボランティアの場でもいいので、
自分の存在意義が認められる場所があると、
テストステロンを維持していけるはずです。

 

加圧トレーニングをする

筋力トレーニングなどで筋肉に刺激を与えると、
テストステロンの値がアップします。
ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動でも、
マシンなどを用いた筋力トレーニングでも効果があります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

男性ホルモンの代表格であるテストステロンが多い為
薄毛になることはありません。
薄毛の原因は、テストステロンの量を補おうとする
ジヒドロテストステロンが原因です。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す