テストステロン(男性ホルモン)を増やすためには おすすめの方法を紹介します。

テストステロン(男性ホルモン)は、
男性の体や心の状態を左右する大事な要素です。

テストステロンが少ないと、
「最近まったくヤル気が出ない」
「気分が落ち込む」
「ちょっとしたことでイライラする」等の症状がでてきます。

そこで今回は、
テストステロン(男性ホルモン)を増やすためには
おすすめの方法を紹介します。

 

スポンサードリンク




テストステロン(男性ホルモン)とは

精神面で影響を与えます

テストステロン(男性ホルモン)には、
精神活動や老化を司る細胞小器官である
ミトコンドリアの健康を保つ作用があります。

テストステロン(男性ホルモン)がしっかり足りている人は、
イライラすることも少なく、不眠に悩まされることもありません。
また、ネガティブな感情に蓋をする働きもあるため、
不安感にさいなまれたり、うつの状態になることを防いでくれます。

仕事でもプライベートでも、
意欲とチャレンジ精神を持って取り組め、
いつまでもイキイキとした日常を送る手伝いをしてくれます。

 

テストステロンの分泌が少ないと、EDになる恐れもあります。

テストステロン(男性ホルモン)と体の関係は多岐にわたります。
一般的に知られているように、生殖機能に直結するホルモンなだけに、
この分泌が減ることで精力減退や勃起機能の低下を招き、
放置しておくとEDになる恐れもあります。

しかし男性ホルモンを高くキープしている人は、
年齢に関わらず「性の悩み」に縁遠いものです。

 

テストステロンを増やす 売れ筋サプリメントランキング

 

 

メタボを防ぎます

テストステロン(男性ホルモン)は、
血管の状態を正常に保つ一酸化窒素を産生する働きがあります。
一酸化窒素が分泌されることによって、
血管や臓器にコレステロールなどの不純物が留まりにくくなります。

事実、テストステロン値が高い男性は、
生活習慣病にかかるリスクが低いという医学調査もあります。
運動(筋トレ)を行うとテストステロン(男性ホルモン)が上がり、
さらにテストステロン値が上がると、
活動的な意欲が湧くという理想的なサイクルが生まれます。

男性ホルモンをケアすることは、
メタボリックシンドロームの改善に良いだけでなく、
健康に非常に良い作用を及ぼすのです。

 

スポンサードリンク




 

テストステロンの量のチェックの仕方

自分のテストステロンの量は、どれくらいあるのでしょう?
実は、簡単なチェックで分かるのです。

左右どちらでもいいですので、人差し指と薬指を見てください。
簡単にいえば、薬指が長いほど、テストステロン値が高いのです。
ですから、男性は、人差し指より薬指のほうが長い人が多いのです。

これにはちゃんと根拠があります。
指の骨にはテストステロンのレセプター(受容体)が存在するのですが、
薬指には特にレセプターが多く存在するため、
テストステロンが高い人ほど、薬指が発達するのです。

 

テストステロンの量を増やす方法について

十分に睡眠をとる

テストステロンは、夜中につくられます。
とくに、夜中の1~3時の睡眠は重要です。

テストステロンの分泌が低い方は、
長距離通勤で睡眠が十分確保できていない方が多い特徴があります。
そうした方は、週に一度は会社の近くのビジネスホテルに泊まるなどして、
睡眠をしっかり確保しましょう。

 

自分の存在意義が認められる場所をつくる

何らかの自己表現を行い、それを評価されて、
自信を持つことでテストステロンは高まります。

仕事でうまくいって誉められたり、
部下から感謝されるといったことです。

仕事でなくても趣味やボランティアの場でもいいので、
自分の存在意義が認められる場所があると、
テストステロンを維持していけるはずです。

 

加圧トレーニングをする

筋力トレーニングなどで筋肉に刺激を与えると、
テストステロンの値がアップします。
ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動でも、
マシンなどを用いた筋力トレーニングでも効果があります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

テストステロンが少ないと、
精神面でも肉体面でも影響が出てきます

テストステロンの量については、
自分で簡単にチェックができますし、
病院で正常な数値をチェックすることもできます。

 

 

スポンサードリンク





 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す