スマホの電源が勝手に落ちる原因と対策について おすすめの対処法を紹介します

スマホの電源に対するトラブルは多いですよね。
スマホの温度が高くなる。
スマホを使っていて、勝手に電源が切れる。
そして、再起動になる。

そこで、今回は
スマホの電源障害の原因と対策について
おすすめの対処法を紹介します。

スポンサードリンク




スマホの電源が突然切れる原因について

スマホの電源tが勝手に切れるのは<
アプリのエラーや処理力不足が考えられます。
その他にも、充電器や電池、
充電の仕方なども関わってきます。

 

原因①メモリ不足

スマホのスペックを見る上で欠かせないのがメモリです。

メモリの容量は、
スマホの記憶できるデータ量や動作スピードに大きく関わってきます。

メモリとは、簡単に言うと、
スマホ内のデータやアプリなどを記憶するところです。
もしメモリの空き容量が少なくなれば、
スマホに新たなデータを保存しにくくなります。

このメモリを片づけるためにスマホ自身が
わざと電源を切ったり再起動したりしているということです。

 

解決策について

解決法としては
定期的な電源OFFと不要アプリの削除となります。

ただ、最近のアプリは
よく動くように出来ているものも多いので
そもそも機種の性能が足りていないということもあります。

その場合は
初期化しようと何をしようとあなたの使い方が
機種の限界を超えているので、満足な効果は得られません。

そうなると
もういっそおとなしく
機種変更してしまった方が良いのかもしれませんね。

原因の特定は困難ですが
なにか特定のアプリを入れてから
症状が出始めたという方は、原因は、そのアプリにあります。

 

原因②スマホ本体がバッテリーの残量を正しく認識していない

本当は、充電が十分されているにもかかわらず、
スマホ自体が、バッテリー残量があまりないと勘違いをして、
電源が落ちる症状です。

 

解決策について

この症状の解決策は簡単です。

バッテリー残量の認識のずれの補正の方法~手順。

    • スマホを100%まで充電します。
    • ただそれだけです。バッテリー残量の認識のずれが補正されます。

 

スポンサードリンク




原因③キャッシュが溜まりすぎる

キャッシュとは、よく使うデータを一時的にスマホに記憶させる仕組みです。

例えば、一度訪れたページに再度アクセスするとしましょう。
そのときに、すぐにそのページが表示できるよう、
インターネットにアクセスした情報を蓄えておいてくれるんです。
つまり、このページにアクセスしたんだよ、
と覚えてもらうという、ということです。

この他にも、Googleで検索したキーワードを記憶してくれたり、
よく使う言葉を記憶して、すぐに入力できるようにしてくれたり、
とだんだん使っていくうちに、素早く、賢くなってくれるんです。

これはスマホのアプリでも同様で、
アプリを使っていくと、先ほども説明した一時的なデータが溜まってしまいます。
キャッシュが溜まりすぎると、不具合の原因のひとつにもなりますし、
アプリの速度が遅くなる原因や、電源が勝手に落ちる原因にもなります。

 

解決策について

溜まってしまったキャッシュをクリアにして、
スマホを軽快にする作業を「キャッシュの消去」といいます。

キャッシュの消去の方法~手順。

    • まずは、本体設定を起動します。
    • 機器項目から「ストレージ」をタップします。
    • その中のキャッシュデータをタップします。
    • キャッシュデータを消去しますをタップします。

 

この方法で、キャッシュデータがクリアできない場合は、
キャッシュデータをクリアするアプリがあります。
グーグルプレイや、アップルストアで
キャッシュデータクリアで検索してみて下さい。

 

原因④スマホの故障

スマホを使うことができないほど、
電源が切れる場合は、スマホが故障しているかも知れません。
電池をスマホから抜き差ししてもダメな場合は、
各契約しているショップさんに持って行きましょう。
店員さんが丁寧に対応してくれます。

iPhoneの修理の場合
⇒androidスマホの場合は、ショップへ

 

まとめ

スマホ電源障害の原因は、
メモリ不足、キャッシュ不足、バッテリー認知障害、故障になります。
原因をチェックして、適切に対処しましょう。

こちらの記事も参考にしてみて下さい
スマホの画面が割れた時の対処法 こんなときどうしたらいいの?

格安スマホのメリットとデメリット どういう使い方が向くのか?

 

スポンサードリンク


コメントを残す