アキランサスの育て方について 鮮やかな赤や黄色を出す方法

アキランサスは、
赤や黄色のへら型の葉が特徴です。

秋の花壇やコンテナガーデンの季節感を、
より深めてくれます。

主にカラーリーフプランツとして、
花壇の縁取りやコンテナの寄せ植えなどに多く利用されます。

そこで今回は、
アキランサスの育て方について、
鮮やかな赤や黄色を出す方法を紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

アキランサスの花言葉について

アキランサスの花言葉は、
「変身」 「熱するとさめる恋」
「熱するとさめる恋」「燃え上がった情熱」です。

赤く色づいた葉の形が、
燃え上がる炎のように見えることからつけられています。

 

「熱するとさめる恋」は、
秋になると葉色の赤や黄が鮮明になり、
霜が降りだすと葉が黒ずんでくることからです。

 

 

 

アキランサスの育て方について

植えつけ方法について

アキランサスは丈夫な植物で、
あまり土質は選ばず植え付けできます。

ですので、ホームセンターなどで買える、
花用の土を使用すれば良いです。

アキランサスの苗は、
秋ごろから流通しはじめます。

アキランサス苗

 

株が横へ広がらない植物なので、
均等に密生させて植えるとよいでしょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

アキランサスは、水が枯れると、
生育が止まってしまいます。

ですので、プランターで栽培する場合は、
土の表面が乾いたら、たっぷりと与えましょう。

地植えの場合は、殆ど水やりの必要はありません。

 

 

 

 

植える場所について

アキランサスは、日光が大好きです。

日当たりが悪ければ、
赤や黄の鮮やかな色が出ません。

日当たりが良い場所に植えましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

肥料は、6月から10月ごろに与えます。

与える肥料は化成肥料で良いです。
もしくは、 薄めた液体肥料を、
週に1度水やりのタイミングで施します。

 

 

 

 

増やし方について

挿し木
アキランサスは、さし芽で増やすことができます。
植え付け時期の5から6月に行います。

出来るだけ若い葉っぱのついた茎を切っておきます。
発根するには20度以上が必要です。

春に苗が出回った時に挿し木で増やしていけば庭中、
アキランサスにすることも可能です。

 

 

 

 

冬越しの仕方について

アキランサスは多年草に該当し、
耐寒温度は5℃です。

つまり、暑さに強く、寒さに弱いのが特徴です。

越冬は屋外では、よほど暖かくしておかないと不可能です。
霜に当たってしまうと葉っぱが黒く変色し枯れてきます。

もしも越冬させたい場合は、室内に取り込みましょう。

 

 

 

 

病害虫対策について

アキランサスは丈夫な植物で、
特に病害虫対策は必要ありません。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す