春菊の育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

春菊は、鍋物野菜の定番ですよね。

独特な香りと風味をもつ春菊は、
キク科の野菜です。

食べるイメージの方が強いですが、
きれいな黄色い花を咲かせることから、
ヨーロッパでは観賞の対象とされてきました。

そこで今回は、
春菊の育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

春菊の品種について

中葉種

一般的に流通しているのがこの中葉種です。
葉に深い切れ込みがたくさんあり、香りが強めです。

関東では茎の根元を切って収穫する「株立ち中葉種」が主流ですが、
関西では根付きで収穫する「株張り中葉種」が多いです。

春菊 中葉種

 

 

大葉種

おもに中国地方や九州で栽培されている春菊で、
葉の切れ込みが浅いのが特徴です。

葉は大きくてへらのように丸みがあり、
肉厚でやわらかです。
香りは中葉種ほど強くなくクセのない味わいです。

春菊 大葉種

 

 

サラダ用

生食向けの春菊です。
茎が細くてやわらかい食感で香りもマイルドです。

「サラダ春菊」や「やわらか春菊」などの名前で販売されています。
また「スティック春菊」は、茎の上のほうにだけ葉がついていて、
長めの茎は細くてやわらかく生のままでも食べられます。

春菊 サラダ用

 

ガーデニング用品なら、
何でも揃う
アイリスプラザ

 

 

春菊の育て方について

菊は秋に花を咲かせるけど、
春菊は春に花を咲かせることから、
この名前がつきました。

最もおいしいのは冬ですが、
暑さにも寒さにも強い野菜だから、
ほぼ一年中育てることができます。

 

 

土づくりについて

 

使用する道具

 

 

種まきの2週間前に、
苦土石灰100g/m²と堆肥2kg/m²を入れて耕し、
1週間前に化成肥料60g/m²を入れて畝を作りましょう。

 

pHは5.5〜6.5が目安です。
石灰を入れてpH調整しておきましょう。
土壌酸度計があれば、それぞれの植物に合った土づくりに便利です。

 

 

 

春菊の種まきの仕方について

 

使用する道具

 

種まきに適した時期は、
3~5月中旬もしくは、8月下旬~10月上旬です。

秋に種をまくときは、
早めに取り掛かるようにするとうまくいきますよ。

 

鉢・プランターで育てる場合

10号以上の鉢で3~5株、
60cmプランターで8~10株ほどが最終的に栽培する株の目安です。

種まき後は3回間引きがあるので、
苗が混みあわないよう気をつけましょう。

また、間引いた芽も捨てず、
ベビーリーフとして味噌汁やサラダにくわえるとおいしくいただけます。
鉢底石を3cmほど敷きます。
市販の野菜の培養土か、
赤玉土(小粒)6:腐葉土2:バーミキュライト2の割合で、
混ぜた用土を容器に入れます。

そして、底から流れるくらい水をかけて湿らせます
10~15cm幅で2列、深さ5~8mmのまき溝を土に作り、
1~2cm間隔で種を筋まきにしましょう。

覆土は薄くしましょう。

好光性種子という発芽に光を必要とする種類なので、
土をたくさん被せると芽が生えてこないので注意してください。

 

 

スポンサードリンク




 

地植えの場合

日当たりのよい場所を選びます。
1列での栽培なら幅30cmの畝の中央に、
2列での栽培なら幅60cmの畝を作り、
列の間隔は30cmほどとっておきましょう。

そして、深さ5mm程度のまき溝を作ったら1cm間隔で種をまきます。

覆土は薄くしましょう。

好光性種子という発芽に光を必要とする種類なので、
土をたくさん被せると芽が生えてこないので注意してください。
土が乾燥しないようにこまめに水やりをしたら、
2~5日で発芽します。

 

発芽したばかりの春菊の苗は、
以下のような形をしています。

 

 

 

成長に合わせて、間引きを行います

本葉1~2枚の頃、
1回目の間引きをして、化成肥料40~50/m²を追肥します。

さらに、本葉5~6枚の頃、
2回目の間引きをして化成肥料40~50/m²を追肥します。

 

 

 

春菊の肥料の与え方について

 

使用する道具

 

間引きの後に、野菜用の化成肥料を施します。

 

その後、2週間に1回ほど化成肥料を与えるか、
水やりを兼ねて週1回ほど液体肥料を施すとよく育ちます。

このとき、株元がぐらついていたり、
土が減っていたりするときは土を足してくださいね。

 

プロも愛用の人気植物活力液!
全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」

 

大きく育ったら、収穫します

春菊の草丈が、20~25cmになったら収穫の適期です。
収穫方法には抜き取りタイプと摘み取りタイプの2種があるので、
種の袋を確認しておいてください。

 

抜き取りタイプの場合

草丈が20~25cmほどになったら、
根ごと株を土から引き抜いていきます。

 

摘み取りタイプの場合

草丈が20~30cmに生長したら、
株元から4~5cmほど残してその先を摘み取りましょう。

その後わき芽が伸びてきたら、
葉っぱが6~7枚の頃に2~3枚ほど残して何度も収穫を楽しめます。

収穫後に肥料を与えると、
株の再生を促すことができますよ。

 

 

 

春菊の害虫対策について

 

使用する道具

 

 

 

アブラムシ

殺虫剤「ベニカR乳剤」や殺虫殺菌剤「ベニカグリーンVスプレー」を散布しましょう。
植えつけ時に殺虫剤「GFオルトラン粒剤」を植え穴に、さらに生育時には株元へ散布しておくと、アブラムシの発生を抑える効果が持続します。

 

 

コナジラミ

「オルトランDX粒剤」が効果があります。

 

 

 

ネキリムシ

中に潜み、根を食害する。ダイアジノンが効果的です

 

 

 

まとめ

春菊は、最もおいしいのは冬ですが、
暑さにも寒さにも強い野菜だから、
ほぼ一年中育てることができます。
ただ、寒さには弱く、
5度以下になると葉っぱが傷んで生育が悪くなります。
秋に種まきをするときは、
ビニールハウスやトンネルなどを作って防寒すると安心です。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す