青虫(アオムシ)の退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

青虫(アオムシ)は、みんなが見たことのある害虫ですよね。
モンシロチョウのの幼虫で、
キャベツや白菜などの、
アブラナ科の植物に発生しやすい特徴があります。

青虫(アオムシ)は、見た目が緑色で
植物と同じ色をしているので、
見つけにくく、気付くと
葉脈のみを残して、全て食べられてしまいます。

そこで今回は、
青虫(アオムシ)の退治・駆除・予防の仕方について
農薬を使用しない方法や効果的な農薬・
おすすめの方法を紹介します 。

 

スポンサードリンク




 

青虫の害について

植物の葉を食害します。

アオムシは、キャベツや白菜・ブロッコリーなどが大好きです。
アオムシの発生時期は、4月~6月と9月~11月頃です。

アオムシは食欲旺盛で、
気付くと、葉脈だけになってしまいます。

 

 

 

知らずに食べてしまうことがあります

野菜に虫がついていたのを気付かずに、
野菜と一緒に食べてしまうこともあります。

アオムシやアオムシの卵を食べてしまったとしても、
身体には全く害はありません。

憂鬱な気分になってしまうだけです。

まぁ、言えば虫がつくくらいに
農薬を使っていない安全な野菜ということですけどね。

 

 

 

 

 

青虫(アオムシ)退治の仕方について 農薬を使用しない場合

 

防虫ネットを使用する

 

使用する道具

 

 

防虫ネットを使用して、モンシロチョウの侵入を防ぎましょう。
モンシロチョウに侵入されなければ、
卵を産み付けられる心配もないので、
アオムシは発生しません。

ただし、防虫ネットに隙間があると、
蝶が入って卵を産み付ける他に、
今年大発生したハスモンヨトウなどは歩いて進入してきます。

ハスモンヨトウ幼虫は産卵された作物を食べつくしたり、
ある程度育つと他の作物へ移動する習性があり、
10mくらいの移動は珍しくありません。

裾は隙間の無いように埋めるか、
重しをつけて、きちんとふさいでください。

 

 

 

一匹ずつ捕まえて退治します

農薬を使用しない場合は、
発生したアオムシを、一匹ずつ捕まえて退治するという方法もあります。

ただ、この方法は
あまりたくさんのアオムシには対処しきれません。

一匹ずつ退治するのは、相当大変です。

 

 

HB101を使用する

無農薬で野菜や植物を育てるのには、
HB101をお勧めします。

わたし自身も、謳い文句に半信半疑で使い始めましたが、
HB-101の1000倍液は、どんな野菜にも、
使用した場合としない場合では育ち方や害虫被害など、
雲泥の差が出ます。

是非、使ってみてください。

無農薬で育てたキャベツですが、
とてもきれいな状態です。

HB-101

 

 

 

青虫(アオムシ)退治の仕方について 効果的な農薬について(殺虫と殺菌効果があります)

ベニカベジフルVスプレー

野菜(トマト・ミニトマト・きゅうり・なす・ピーマン)と
果樹(かき・りんご・なし・おうとう)の病害虫防除におすすめです。
持続性のある殺虫成分により、
月に1回散布するだけで害虫(アブラムシ)から植物を守ります。

 

 

 

 

青虫(アオムシ)退治の仕方について 効果的な農薬について(殺虫効果のみです)

オルトランDX粒剤(お勧めです)

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

 

スポンサードリンク




 

ベニカS乳剤

ケムシ、アオムシなどチョウ目害虫に優れた効果があり、
庭木、果樹、野菜などに幅広く使えます。
速効性と持続性(チャドクガ・若令幼虫で1~2週間、散布葉)があり、
害虫を効果的に退治します。

 

 

 

アクテリック乳剤

薬剤が直接かかって退治する接触効果と、
ガス効果を兼ね備えた殺虫剤です。
オンシツコナジラミ・カイガラムシ・アブラムシなどの
広範囲の害虫にすぐれた効果を発揮します。

 

 

 

 

モスピラン乳剤(お勧め)

アブラムシをはじめケムシ類まで幅広く退治し、
しかも効果は約2週間持続する浸透移行性の殺虫剤です。
従来とは全く異なる殺虫作用で、
抵抗性のついた害虫にもすぐれた効果を発揮します。

 

浸透移行性の薬剤なので、
アオムシに対して、長期に渡って薬効があります。

 

モスピラン乳剤

 

 

 

オルトラン水和剤(お勧め)

散布面積が広い場合や、背の高い庭木などに適しています。
効きめは浸透移行性で、効果の持続性があり、
広範囲の害虫防除におすすめです。
計量の手間がいらない便利な分包品です。

 

浸透移行性の薬剤なので、
アオムシに対して、長期に渡って薬効があります。

 

オルトラン水和剤

 

 

 

マラソン乳剤(即効性があります)

野菜から草花まで幅広く使える家庭園芸の代表的殺虫剤です。
広範囲の害虫にすぐれた効果があります。

 

アオムシに対して、即効性があります。

 

 

 

 

 

ゼンターリ顆粒水和剤

アイザワイ系統菌が持つ結晶性タンパク毒素により、
従来のBT剤など他剤抵抗性の発達したコナガに対しても、
安定した高い効果を発揮します。

従来のBT剤に比べ、散布調製時の粉立ちがなく、
溶けやすくなっています。

 

葉の中に、クルッと隠れている場合は、
効果がありません。
直接ハマキムシにかからないと効果がありません。

 

 

 

 

 

 

まとめ

アオムシの害に対して、無農薬で育てる場合は、
防虫ネットを使用する方法があります。

ただし、少しでも隙間が空いていると効果はありません。

お勧めは、
防虫ネットと農薬の併用です。

農薬としては、オルトランやモスピランがお勧めです。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す