ディコンドラの育て方について 元気に育てるコツを紹介します

ディコンドラは丈夫で育てやすく、
地面を這うように広がり、
雑草対策のグランドカバーや花壇・寄せ植えの
アクセントなどによく使われています。

ただし、葉柄が長くて踏圧には強くないので、
植える場所には配慮します。

冬に葉が傷みますが、

株が枯れることはなく、毎年春からまた見ごろを迎えます。

そこで今回は、
ディコンドラの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ディコンドラの花言葉について

ディコンドラの花言葉は。感謝です。

葉の付け根に、ささやかに小さな愛らしい花を咲かせるディコンドラに
ふさわしい花言葉ですね。

ディコンドラ

 

 

 

 

ディコンドラの育て方について

土づくりの仕方について

水はけがよく、通気性のある土を好みます。

市販の草花培養土が適しています。

草花用培養土

 

自分で配合する場合は、
赤玉土6、腐葉土3、パーライト1で配合します。

 

 

 

 

植えつけ方について

基本的には日なたを好みますが、
ミクランサはやや日陰となるところでもよく育ちます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

 

 

 

肥料の与え方について

植えつけ時に、
マグアンプなどの緩効性肥料を元肥として施します。

マグアンプ

 

 

また、春と秋にハイポネックスなど、
薄めの液体肥料を施せば生育がより旺盛になります。

ハイポネックス

 

 

 

 

増やし方について

植え替え時の株分け、
挿し芽、種まきなどいずれかの方法で行えます。

切り取った茎を地面に伏せておくだけでも根が出ます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

特に発生しません。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す