べトニーの育て方について 元気に育てるコツを紹介します

べトニーは、
ヨーロッパでは、「庭植えのハーブ」としてよく使われている植物で、
爽やかな香りがある、
長い楕円形で縁にはギザギザのある葉を持ち、
鮮やかな赤紫色の小さな花を穂のようにして、
たくさん咲かせていきます。

日本では昔から、
僧院の薬草園には必ず植えられていました。
悪魔などから身を守れると、
家に吊るしたりしていました。

そこで今回は、
べトニーの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

べトニーの花言葉について

べトニーの花言葉は、
「驚き」「誘惑」「楽しい人生」です。

 

 

 

 

べトニーの育て方について

土づくりの仕方について

日あたりを好み、
通気性が良くて濡れてもすぐ乾く土を好みます。

市販のハーブの土が適しています。

ハーブの土

 

 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、
3~4月です。

 

 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

べトニーは、痩せた土壌でも育ち、
肥料は殆ど必要としません。

植付け時もしくは早春に、
水でゆっくり溶け長く効く緩効性の肥料を施しておけば、
追肥は不要です。

マグアンプ

 

 

 

 

増やし方について

春か秋の種まき、
株分けで増やします。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

根腐れ病が発生することがあります。

 

タチガレン液剤や ダコニール1000で予防しましょう。

タチガレン液剤

 

 

ダコニール1000

 

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す