テイオウカイザイクの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

テイオウカイザイクは、
オーストラリアの乾燥地が原産の多年草で、
低木状に育ち毎年花を咲かせます。

貝細工の名のとおり光沢のあるうすい花びらは、
カサカサしていてドライフラワーにしても色あせず長く残っています。

そこで今回は、
テイオウカイザイクの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

テイオウカイザイクの花言葉について

テイオウカイザイクの花言葉は、
「永遠の思い出」「いつまでも続く喜び」「不滅の愛」です。

咲いているときも摘んでドライフラワーにしても、
いつまでも変わらない独特の光沢と質感からきています。

テイオウカイザイク

 

 

 

 

テイオウカイザイクの育て方について

土づくりについて

市販の草花培養土を使用します。

草花用培養土

 

 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、5~6月です。
日当たりと水はけのよい場所に植えます。

細長い葉が四方に広がり大きく育つので、
複数植える場合は30cmほど株の間隔をとります。

また、耐寒性はそこそこあり、
霜や凍結に注意すれば冬越しできます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

乾燥地域に自生しますが、
乾燥が苦手です。

土の表面が乾いたら、しっかりと水を与えます。

 

 

 

肥料の与え方について

肥料は控えめにします。

窒素成分が少ない緩効性肥料を使用します。
マグアンプが適しています。

マグアンプ

 

 

 

 

増やし方について

種まきで増やします。
発芽温度が20度ほどで、種播きは4~5月に行います。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

特に発生しません

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す