ブーゲンビレアの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ブーゲンビレアは丈夫で、
トロピカルカラーが印象的な南国の花として知られています。

美しく着色した部分は苞で、
中心部に白色の小さな筒状の花をつけます。

寒さにも強く、
霜が降りない地域では戸外でもよく冬越しします。

そこで今回は、
ブーゲンビレアの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ブーゲンビレアの花言葉について

ブーゲンビリアの花言葉は、
「情熱」「熱心」「あなたしか見えない」です。

ブーゲンビリアの、
鮮やかな色が情熱的に見えることに由来しています。

ブーゲンビリア

 

 

 

 

ブーゲンビレアの育て方について

土づくりの仕方について

水はけの良い土壌を好みます。

市販の草花培養土が適しています。

 

庭の土を使用する場合は、
赤玉土と腐葉土を混ぜ込んで使用します。

 

 

 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、
4~5月です。

ブーゲンビレアは生長するためにも、
花を咲かせるためにも、日光が必要な植物です。

さらに乾燥気味を好み、
常に湿っているような土壌が苦手です。

ブーゲンビリアは日当たり、
水はけ共に良い場所で育てましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

冬は水やりの回数を控えめにします。

 

地植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。
自然の雨のみで大丈夫です。

 

 

 

 

肥料の与え方について

5〜9月頃にかけて、
花木用の液体肥料を10日に1回、
水やりの代わりに与えます。

ハイポネックス

 

 

 

 

増やし方について

挿し木と種まきで増やします。

挿し木で増やす場合は、
6〜7月に行います。

元気な枝を3節程度のところで切り、
先端の葉を3~4枚残して下方2節分は葉を取り除きます。
下2節をしっかりと埋めるようにして、
赤玉土に挿しておきます。

 

 

種まきで増やす場合は、
気温が20度前後になる、
5月~7月が適しています。

種の上に軽く土を被せてから水を与え、
土が乾燥しないように気を付けながら、
日陰で管理します。

1ヶ月ほどで発芽し、
苗が育ってから庭や鉢に植え替えてください。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

通しの悪い場所で管理していると、
アブラムシが発生します。

 

アブラムシには、
オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す