美容と抗酸化作用との関係について 老けないために知っておくべき酸化の仕組みを紹介します

美容と酸化は、大きな関わりがあります。
肌のしわや、シミ、
または、重大な病気を招いたり、エイジングを進める原因のひとつが酸化です。
ですので、美容と健康のためには抗酸化が大切です。

みなさんは本当に抗酸化について正しくしく理解していますか?
老けないために知っておくべき酸化の仕組み、
簡単に実践できる抗酸化の方法紹介します。

スポンサードリンク




老化を早める酸化とは

人間は、呼吸によって酸素を取り込んで生きています。
そのうちの約2%が活性酸素になるといわれています。

本来は活性酸素は身体に必要なも物質です。
活性酸素は、酸化力が強いので、殺菌作用があります。
つまり、体内に入り込んだ細菌類を駆除してくれる役割を持っています。

また、酵素の働きを促進する効果もあります。
活性酸素があるからこそ、身体中の細胞は健康を維持することが可能なのです。
ですので、普通に生活しているだけでも、
体内では活性酸素が作られています。

しかし、その酸化力があまりにも強力すぎるため、
活性酸素が増えすぎてしまいますと、
身体がサビてしまうのです。

身体がサビるって、ピンときませんよね?
鉄がサビると言えば、分かりますよね。

そもそもサビとは、
空気中の酸素と結びつくことで、
鉄などが酸化することですが、
人間の体内でも同じ現象が起きるのです
身体がサビる=老化なのです。

酸化は、シミやシワなど肌の老化を進めるだけではなく、
ガンや動脈硬化など、命にかかわる病気を引き起こす原因にもなります。

 

酸化から体を守るためには

酸化を防ぐためには、自らの抗酸化力を高めることが必要です。
抗酸化力を高めるには、ストレスを溜めない、紫外線を防ぐなどのほか、
適度な運動を取り入れたり、生活習慣の改善を心がけることが必要です。

 

私たちの体には、元々抗酸化作用が備わっています

私たちの体には、活性酸素から身を守るため、
抗酸化酵素などによる防御システムが備わっています。

それは、スカベンジャーといわれる、抗酸化物質です。
これが、活性酸素の発生を防止したり、
傷を治したりする働きをしています。

しかし、大量に活性酸素が発生すれば対応しきれないし、
食事や生活の乱れや、老化により機能は衰えてしまいます。
抗酸化システムがよく機能するように、
生活習慣などに留意することが大切なのです。

 

年齢と共に、抗酸化作用が低下します

10~20代はその抗酸化力が高いですが、
年齢とともにそれは低下してしまいます。
ですので、年を重ねるにともなって、
抗酸化力を高めることが大切なのです。

そのためには、高い抗酸化力を持つ物質を摂取することが効果的です。
抗酸化作用があるビタミンCや、
自らが酸化することでほかの酸化を防ぐポリフェノールをはじめ、
役立つ物質は私たちの身の回りに数多くあります。
いつまでも、みずみずしい肌で元気に過ごすためには、
抗酸化が大事です。
酸化しないことが、アンチエイジングにつながるのです。

 

活性酸素を増やしてしまう原因について

 

    • ストレス

過度なストレスが老化を進める原因になります。
不安や著しい緊張状態、イライラなど、
人の身体はストレスを感じた時に交感神経が活性化され、
血管が収縮して血行障害となり、各細胞に酸素が行きわたらなくなります。
この状態が繰り返されると活性酸素が大量に発生してしまい、
細胞がダメージを受けてしまいます。

 

    • タバコやアルコール

タバコの煙に含まれる物質が活性酸素を発生させます。
タバコは、抗酸化物質を破壊して抗酸化力を低下させてしまう物質が
多く含まれています。
また過度の飲酒でもフリーラジカルが発生します。
大量のアルコール分を肝臓が分解しきれずに、
大量に残った中間産物が、活性酸素を発生させます。

 

スポンサードリンク




    • 紫外線

紫外線は、コラーゲンやエラスチンを壊します。
通勤時、洗濯物を干す時など、紫外線が皮膚に当たるだけで、
体内に活性酸素を生み出してしまいます。
そして皮膚のハリを保つコラーゲンや、エラスチンを破壊します。
美肌の大敵である、シワ、たるみの原因になってしまいます。

 

    • 排気ガス

排気ガスが体内に入ると活性酸素が大量に発生します
特にトラックなど大型ディーゼルエンジンから排出される、
化学物質・ディーゼル小粒子が、身体の中に入ってしまうと危険です。
排気ガスには活性酸素そのものが含まれていたり、
体内に入って活性酸素を生み出し、
抗酸化力を低下させてしまいます。

 

活性酸素を減らすためには

  • タバコを控える
  • アルコールをとり過ぎない
  • 軽めの運動をする
  • ストレスをためない
  • 紫外線をさける

となります。

肝臓がアルコールを分解するときにも、活性酸素が発生します。
飲みすぎには注意です。

また、激しい運動をすると呼吸量が急増し、
活性酸素の発生を促します。

しかし、ウォーキングや水中歩行程度の軽めの運動は、
抗酸化酵素の働きを高め、体の酸化を抑えます。

紫外線に当たると、
皮膚細胞でも活性酸素が生成され、
シミやシワの原因となります。

これらの要因をすべて完全に断ち切ることは難しいかもしれませんが
努力と工夫次第で減らすことはできます。

 

食生活を見直して、活性酸素から身を守りましょう

食べ物には、活性酸素の働きを抑える、
さまざまな抗酸化成分が含まれています。

抗酸化成分として、よく知られているのが、
ビタミンC・Eの抗酸化ビタミンと、
βカロテンやトマトのリコピンなどのカロテノイド、
さらに植物に含まれる色素や苦味成分であるポリフェノールです。
お茶のカテキン、ごまのゴマリグナンなども、ポリフェノールの一種です。

抗酸化成分は、
色の濃い植物性食品に多いという特徴があります。

 

食べ方によっても、活性酸素から身を守れます

どうしても食べ物ばかり気にしてしまいますが、
抗酸化として実は効果的なのが、
よく噛んで食べることです。

唾液に含まれる酵素に、
活性酸素の発生を抑える働きがあります。

ですので、よく噛み唾液を出すことで、
酸化を防ぐことができるます。
また、噛むことで満腹感も生まれて、
食事量を抑えることができるので、
消化不良によっておこる体内の酸化も防げます。

 

 

シミ・そばかすに効く医薬品・医薬部外品ランキング

 

 

まとめ

美容のためには、
抗酸化の事を知って実践することです。

10~20代はその抗酸化力が高いですが、
年齢とともにそれは低下してしまいます。
ですので、年を重ねるにともなって、
抗酸化力を高めることが大切なのです。

普段の生活を見直して、活性酸素から身を守りましょう。

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す