朝や夕方の眩しい日差しを軽減 自動車に乗る方に朗報 スライドバイザースクリーンの紹介と取り付け方

太陽がまぶしい季節になってきました。
自動車の運転中の事故で多いのが、
朝日や夕日の日差しによる事故です。

気候も良く、普段あまり運転することがない方も、
運転する機会と時間が増えることと思います。

早朝や夕方は、太陽の陽射しも低くなって、
車内が眩しく感じることが多くなります。

そこで今回は、
朝や夕方の眩しい日差しを軽減 自動車に乗る方に朗報 新商品の紹介します。

スポンサードリンク




朝日や夕日が原因の事故について

自動車を運転している際に、
朝日や夕日が突然視界に入り、眩しく感じて危険な場合があります。

カーブを曲がった途端に真正面に出現する太陽、
起伏のある長く直線的に延びた先に対峙する太陽などは眩しいものです。

太陽と自動車の位置関係も季節や時間によって異なり、
美しくロマンチックな太陽が、時には幻惑の太陽に変貌することがあります。

朝日や夕日が原因の事故は、
毎年起こっています。
ニュースなどでも良く報道されていますよね。

朝日が原因で、小学生の列に突っ込んだとか...。

 

愛車の車検代は適正価格ですか?
愛車の適正車検代を今すぐチェック!!

 

朝や夕方の眩しい日差しを軽減する方法について

スライドバイザースクリーンを活用する

スライドバイザースクリーンって言うと、
聞いたことがある方は少ないのではないでしょうか?

この商品は、今年デビューした商品です。
先月くらいから、店頭に並び始め通販でもヒット商品になりつつあります。

スライドバイザースクリーン

 

スライドバイザースクリーンの良い点は、

  • サイズが色々あり、軽自動車からSUVまで対応しています。
  • 太陽の眩しい日射しや照り返しを簡単カット。
  • スクリーン部は左右にスライド調整可能
  • 折りたためばスッキリ収納。
  • サンバイザーに簡単装着。ベルトでしっかり固定できます。
  • 眼鏡をかけていて、サングラスがかけれない方も便利です。

スライドバイザースクリーン2

スライドバイザースクリーン

 

普段から裸眼な方や、サングラスをかけるのが苦手な方、
普段眼鏡をかけているため、サングラスをかけることができない方、
にお勧めです。

価格も千数百円なので、お財布にも優しいですしね。

眩しい朝日や夕日を我慢すると、
目にもよくありません。

これで、朝夕の運転が楽になります。

 

実際に、スライドバイザースクリーンを活用した
動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

スポンサードリンク




 

スライドバイザースクリーンの取り付け方

スライドバイザースクリーンの取り付け方は、
いたって簡単です。

純正サンバイザーへクリップ&ベルト取付けするだけです。

スライドバイザースクリーンの取り付け方

 

スライドバイザースクリーンの取り付け方の動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

サングラスを活用する(偏光レンズ)

サングラスをかけるのも、有効な手段です。

運転用のサングラスで、まず第一に気をつけるポイントは、可視光線透過率です。

可視透過率とは、文字通り(可視)光の透過率のことで、
外から中へ光をどれくらい通すかということです。
100%なら透明で、黒など色付きになると、透過率は低くなります。

可視光線透過率が低い(レンズの色が暗い)と晴れているといいのですが、
天気が悪い時などは暗くて見えにくくなります。

可視光線透過率は、サングラスの製品表示タグなどに%で表示されています。

車の運転に使用できるものは、
可視光線透過率20~30%程度がちょうど良いです。

 

愛車の本当の価値を知っていますか?
査定金額を今すぐチェック!!

 

また、単純に色がついたサングラスというのは、
光の量を減らすことによってまぶしさを軽減します。
しかし車の運転において、
光の量を減少させるだけのサングラスは十分とは言えません。

偏光レンズ

運転するときに使うサングラスとしては、
偏光レンズというレンズを使ったサングラスを使用するのがよいです。
これは運転をするときに特にまぶしい、ぎらぎらとした反射光や、
フロントガラスへの映り込み、
対向車からの反射光、路面の反射といったものをカットしてくれます。

サングラス 偏光レンズ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
眩しい光を我慢しながら、
目を細めながら運転している方も多いのではないでしょうか。

これからの、太陽からの陽射しには気をつけてくださいね。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
夏などの暑い時期の車内の温度を効果的に下げる方法 おすすめの方法を紹介します

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す