更年期障害はいつから始まるの? おすすめの市販薬は?

更年期障害は、最近はよく耳にするようになりました。
症状については、
なんとなくは知っているけど、
詳しい症状までは分からないという方も多いのではないでしょうか?

では、更年期障害はいくつくらいから発症するのでしょう?

そこで今回は、
更年期障害はいつから始まるのか?
おすすめの市販薬について紹介します。

 

スポンサードリンク




女性の更年期障害の症状について

更年期障害は、45~55歳になります

女性の体内では年齢を重ねるにつれて、
女性ホルモンのバランスが変化します。
そして、50歳近くなると月経が起こらなくなり、閉経を迎えます。

日本の女性の平均的な閉経年齢が50歳前後で、
50歳をはさんだ前後10年間(45~55歳)を更年期と呼ばれています。
閉経で卵巣の機能が低下すると、
女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌量が急激に減少し、
様々な症状が現れる場合があり、
こうした様々な症状を総称して、更年期障害と呼びます。

 

のぼせたような状態になったり、逆に異常な寒さを感じます

更年期障害の症状として顕著なのは、自律神経にかかわるものです。
たとえば、そんなに気温が高くないのに体が熱く、
のぼせたような状態になったり、
逆に異常なほどに寒さを感じたりします。

のぼせたような症状は「ホットフラッシュ」といって、
更年期障害の典型的な症状です。

 

精神状態が不安定になります

精神的な落ち着きをもたらす作用のあるエストロゲンが減少するため、
イライラしたり悲しくなったりといった、
ネガティブな感情を抱きやすくなることもあります。

その他、頭痛やめまい、不眠などの症状もありますが、
どんなものが現れて、どれくらいひどいかは個人差があります。

 

 更年期障害に効果的な市販薬について

サプリメントを飲んでいるのに、
「なかなか効かなくなってきた…!」という方も、
多いのではないでしょうか。

もし、症状が重くなり始めているなら、
サプリメントではなく、医薬品に乗り換える時期が来ています。

医薬品を服用するのに向いているのは、
具体的な更年期症状を緩和させたい人です。

 

女性の更年期障害に効く 売れ筋市販薬ランキング

 

 

スポンサードリンク




男性の更年期障害の症状について

男性の更年期障害は、うつ病と似ています

男性更年期障害の症状には個人差があります。
中には体調不良で寝込んだり、
気分が落ち込んで、
うつ病と思い込んでしまうケースもあります。

うつ病と更年期障害とは、
治療のやり方が違います。
うつ病と更年期障害との見極めが重要です。

 

男性の更年期障害の症状を紹介した動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

更年期障害は、男性ホルモンと関係があります

男性ホルモン、主にテストステロンというホルモンですが、
40歳を過ぎると、徐々にこのホルモンが少なくなってきます。

あまり大きく減ってしまうと、
元気がなくなって気分が落ちこんだり、
イライラしたり、朝起きられなかったり、不眠になったりします。
身体面でものぼせたり、汗が出たり、
冷え性になったりと、さまざまな健康障害が起こります。

これこそが、男性の更年期障害なのです。

 

男性の更年期障害は、適切な治療を受けないと治りません

男性の更年期障害は、
テストステロンなど男性ホルモンの減少に伴う病気です。
ですので、年を取って改善するということはありません。
正しい対処をとらなければ、一生続くこともあるのです。

 

更年期障害に効く 売れ筋サプリメントランキング

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
更年期障害は、ホルモンバランスの崩れによって起こります。

更年期障害が現れるのは、
体が変化している時期なんだと考えて、
適切な治療を受けながら、
ゆったりとした気持ちで過ごすようにしてくださいね。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す