ミラー加工ってなに? ミラーカーテンの特徴とメリットを紹介します

ミラーカーテンって聞いたことはありますか?

日中、部屋に光を取り込みたいけれど、
隣の家や通行人からの視線が気になる・・・。
特に、住宅が密集する都市圏では
どこの家庭も一度は悩んだ事があるのではないでしょうか。

そんな方には、ミラーカーテンがお勧めです。

 

そこで今回は、
ミラー加工ってなに?
ミラーカーテンの特徴とメリットを紹介します。

 

スポンサードリンク




 

ミラーカーテンについて

窓側に光沢のあるブラインドを糸で織り込んで、
光を反射する効果をもたせたものをミラー加工といいます。

昼間、ドレープカーテンを開けている時、
レースカーテンの向こうのお部屋が丸見え!
なんて経験はありませんか?

ミラーカーテンとは布地に特殊な加工を施し、
鏡のような反射性、光沢を持たせたレースカーテンの事をいいます。

普通のレースカーテンは、
部屋の中の様子が筒抜けになるくらいスケスケですが、
ミラーカーテンは中の様子が目隠し効果が大きいのが特徴です。

ミラーカーテン

ミラーカーテン

 

 

ミラーカーテンのメリットについて

プライバシーの保守と防犯機能が優れています

外の光は取り込みつつも、
中の様子が分かりませんのでプライバシーが保たれます。

またマンションやアパートの1階にお住まいの方には、
日中リビングでくつろぐ際や、
ちょっと家を空ける際にも防犯としての機能が際立ちます。

 

 

太陽光線や紫外線をカットします

ミラーカーテンの多くは、
光は通しつつも紫外線をカットしてくれるので、
部屋の日焼け、色あせを抑止する効果があります。

 

 

断熱効果が抜群です

ほとんどのミラーカーテンは、
遮蔽性とともに断熱の機能性を併せ持ちます。

夏は室内の冷気を逃がす事無く、
暑い空気を遮断し、
冬は寒い外気をはねつけ、
部屋の暖気が外に逃げるのを防ぐ働きがあります。

 

断熱効果が抜群です

 

 

スポンサードリンク




 

ミラーカーテン使用の注意事項について

ミラーカーテンは、完全に透けないわけではない

ミラーカーテンとは言っても、レースカーテンです。

ミラーカーテンは光を取り込むレースカーテンという性質上、
完全に視線や、人影を遮断できるわけではありません。

きめ細かく編まれたミラーカーテンは遮蔽性が高くなりますが、
そのぶん取り込む光が弱くなって部屋が暗くなってしまいます。
どこに妥協点をおくかバランスを考える事が必要です。

もしくはどうしても遮蔽性を保ちたい場合は、
ブラインドをおススメいたします。

ブラインド

ブラインド

 

 

夜の完全な遮断の為には、ミラーカーテン+ドレープカーテンです

ミラーカーテンは、
昼と夜の遮蔽性にどうしても差があります。

昼は家の中からの光が少ないので、
ミラーカーテン越しに
かなり近くまで近づいても人影が透ける事はありません。

しかし夜になると家の電気をつけ、
内側には光源が出来るため、
窓の近くに近づいた場合には人影が映ってしまうのがほとんどです。

夜の完全な遮断の為には、
やはりミラーカーテン+ドレープカーテン
の組み合わせで2重にしましょう。

 

ドレープカーテン

ドレープカーテン

 

 

まとめ

ミラーカーテンは、中の様子が分かりにくく、
目隠し効果が大きいのが特徴です。

しかし、レースカーテンである以上
完全な目隠し効果はなく、
夜間などは、ドレープカーテンとの併用が必要です。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す