キャットテールの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

キャットテールは、猫じゃらしのような、
ふさふさとした真っ赤な花穂を多数つけます。

花は、春から晩秋まで長期間楽しむことができます。

這うように広がり、
ハンギングにもピッタリでこんもりと茂ります。

そこで今回は、
キャットテールの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

キャットテールの花言葉について

キャットテールの花言葉は、
「愛撫」「気まま」「上機嫌」です。

 

猫の尻尾のフワフワしたところから、
付けられました。

 

キャットテール

 

 

 

 

キャットテールの育て方について

土づくりの仕方について

一般の草花培養土が利用できます。

 

自分で配合する場合は、
赤玉土7、腐葉土3で作ります。

 

草花用培養土

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植え付けの時期は、4月~7月です。
過湿には弱く日当りと水はけの良い所を好みます。
日光や肥料が不足すると花穂が短くなります。

 

 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

ただし、低温になると成長しないため、
水やりを少なくしてください。

耐寒温度は10℃です。
冬は明るい室内で水やりを控えます。

 

 

 

肥料の与え方について

植えつけ時に、
緩効性化成肥料を適量施します。

 

緩効性肥料

 

また、追肥としても2~3カ月に1回与えます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

挿し木で増やすことが出来ます。

茎を2節ごとに切り、30分間水に浸けてから、
発根促進剤「ルートン」を切り口に薄くまぶし、
鹿沼土に挿します。

約4週間ほどで発根します。

 

ルートン

 

 

 

 

病害虫対策について

アブラムシが発生することがあります。

 

アブラムシが発生したら、
ベニカXファインスプレーを散布しましょう。

草花、花木や庭木の幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。
害虫に対しては速効性と持続性があります(アブラムシで約1カ月)。
病原菌の侵入を防いで病気も防除します。

ベニカXファインスプレー

 

 

低温期に多湿で肥料分が多いと、
灰色かび病が出やすくなります。

 

灰色カビ病が発生したら、
ダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す