アンゲロニアの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

アンゲロニアは、
中央アメリカ・西インド諸島が原産の多年草植物です。

6~10月にかけて花を咲かせます。
初夏から秋まで次々と花を咲かせ、
長く楽しめるおすすめの草花です。

30cm程度の草丈が低い品種は、
プランターや花壇の前面に、
1m程度になる高性の品種は、
花壇の背景に利用できます。

原産国では多年草ですが、
5℃を下回ると枯れてしまうので、
日本では1年草扱いされています。

そこで今回は、
アンゲロニアの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

アンゲロニアの花言葉について

アンゲロニアの花言葉は、
「過去の恋人」です。

花言葉にこだわる方への贈り物としてはあまり向きません。

花の形が、
大口をあけた骸骨に見えることがあるから、
このような不名誉な花言葉がつけられたようです。

アンゲロニア

 

 

 

アンゲロニアの育て方について

土づくりについて

アンゲロニアは、
水はけがよく保水力のある土を好みます。

赤玉土(中粒)5、腐葉土3、
酸度調整済みピートモス2の配合土などを用います。

元肥として、
リン酸分の多い緩効性化成肥料を適量混ぜて植えつけましょう。

 

 

 

 

植えつけ方について

植え付けの時期は、
4~6月です。

真夏の高温多湿でも元気に育つ草花です。
日当たりと風通しの良い場所を好みますが、
ある程度の耐陰性もあり、
数時間日差しを確保できれば育てることができます。

土が極端に乾燥することを嫌うので、
西日の当たる場所は不向きです。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

気温が高い時期は、
ぐんぐん成長するので、追肥は欠かせません。

植えつけを行うときには、
緩効性化成肥料を適量元肥として施します。

植え付けを行ったあとは、
数ヵ月に1回を目安に追肥として、
同じ肥料を同じ分量だけ、株周りの土の表面にばら撒きます。

緩効性化成肥料

 

 

 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いているなら、
株の根元までしっかりと水分が行き届くように、
十分な水やりを行います。

特に真夏の暑さが何日も続くような時期には、
朝と夕方に2回水を与えるようにする工夫などが必要となります。

 

 

 

 

増やし方について

アンゲロニアは、
種まきと挿し木で増やすことが出来ます。

種を取る場合は、
花が終わると剪定で花茎をカットしますが、
種を作る場合はそのまま伸ばしておきます。

種ができたら収穫し、
春に種まきするまで風通しのよい冷暗所で保管しましょう。

 

挿し木で増やす場合は、
6月~7月に2節~3節を切り取ります。
下の方についている葉は切り落とし、
水に挿して吸い上げをさせます。

その時に切れ味のよい剪定ばさみやカッターで、
繊維をつぶさないように斜めにカットするのがコツです。

30分ほどしたら挿し木用の培養土に挿し、
保湿を欠かさずに1カ月、明るい日陰で管理すれば発根します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

害虫は、アブラムシ、ナメクジが発生します。

アブラムシが発生したら、
ベニカXファインスプレーを散布しましょう。

 

草花、花木や庭木の幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。
害虫に対しては速効性と持続性があります(アブラムシで約1カ月)。
病原菌の侵入を防いで病気も防除します。

ベニカXファインスプレー

 

 

ナメクジが発生したら、
ナメクジカダンで対策します。

広い庭にも簡単にバラまける粒タイプです。
ナメクジやカタツムリに対して、
誘引・駆除効果があります。

一晩で薬剤の周りで弱っているもの、
力尽きたもの含め約40匹のなめくじが採れました。
後の処理には勇気がいりますが、効果はてきめんです。

ナメクジカダン誘引殺虫粒剤

 

 

また、長雨が続くと灰色かび病が発生することがあります。
発生したらダコニールで対処しましょう。

 

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す