美肌効果に大根が効果的です。 大根の驚くべき効能を紹介します

美肌効果があると聞けば、
立ち止まって見てしまいますよね。

昔から白い野菜を食べると、
肌が白くなると言われてきました。

今回は、大根の数ある効能の中から、
美肌効果に特化して紹介します。

スポンサードリンク




大根に含まれる栄養素について

大根は、根の部分も葉も含めて
栄養満点の野菜です。
大根は、捨てるところがない野菜です。

 

大根の根(白い部分)に含まれる栄養素について

根の部分には、あまりこれと言った栄養成分は含まれておらず、
水分が多く栄養価は低いので、
とてもヘルシーで、
低カロリーながら満腹感を得られるダイエット食とます。

大根100ℊあたり、エネルギーが18Kcal、水分が94.6g、
たんぱく質0.5g、ビタミンC11mg、ビタミンE0mg、
βカロテン0μg、ビタミンB1 0.02mg、食物繊維1.4mg、
カルシウム24mgとなっています。

 

大根の葉に含まれる栄養素について

大根の葉は、緑黄色野菜に該当して、
栄養が満点です。

大根の葉100gに対して含まれる栄養素は、
エネルギーが25Kcal、水分が90.6g、
たんぱく質022g、ビタミンC53mg、ビタミンE3.8mg、
βカロテン3900μg、ビタミンB1 0.09mg、食物繊維4.0mg、
カルシウム260mgとなっています。

大根の葉を身近な美肌食材「ほうれん草」と比較してみると、
ビタミンCが約5.5倍、鉄分は約1.5倍、カルシウムは約5.3倍も含まれています。

 

大根の美肌効果について

大根の酵素が活性酸素を除去します

同じ年でも、若く見える人と老けて見える人がいますよね。
これは、何故なのでしょうか?
この差は、活性酸素によるものです。

人間は、呼吸によって酸素を取り込んで生きています。
そのうちの約2%が活性酸素になるといわれています。

つまり、普通に生活しているだけでも、
体内では活性酸素が作られています。
しかし、その酸化力があまりにも強力すぎるため、
活性酸素が増えすぎてしまいますと、
身体がサビてしまうのです。

身体がサビるって、ピンときませんよね?
鉄がサビると言えば、分かりますよね。

そもそもサビとは、
空気中の酸素と結びつくことで、
鉄などが酸化することですが、
人間の体内でも同じ現象が起きるのです

身体がサビる=老化なのです。

大根に含まれている、イソチオシアネートは
活性酸素を体外に除去する作用がありますから、
デトックスだけではなく美肌効果もあります。

大根の酵素は、熱に弱いため
大根は生のまま食べましょう。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
活性酸素を増やしてしまう原因とは? 原因を知って対策をしよう!!

 

大根に含まれているビタミンCは、活性酸素を除去します

大根には、抗酸化作用のあるビタミンCも含まれていますので、
相乗効果が期待出来るでしょう。

大根に含まれるビタミンCは、大根の根の部分よりも
大根の葉にたくさん含まれています。
ですので、大根の葉も残さずに利用しましょう。

また、ビタミンCは、
コラーゲン生成やメラニン色素の生成抑制など
美肌作りに役立ってくれる成分でもあります。

また、普段捨ててしまうことも多い大根の皮は
中心部に比べ約2倍のビタミンC量を含んでおり、
ビタミンCの吸収を高めたり、
毛細血管の強化・血流改善効果のあるビタミンPも含まれています。

大根は、皮付きのまま食べることで
肌の新陳代謝向上やくすみの改善が期待できますし、
消化酵素や食物繊維による便秘解消効果からは肌荒れの解消も期待出来ます。

 

大根の便秘解消効果が美肌に効果的です

便秘と美肌は密接に関わっています。
便秘になると、体内の毒素がきちんと排出できず、
肌からその毒素が出てきて、肌荒れは吹き出物の原因になります。

大根に含まれる消化酵素のアミラーゼという成分が、
糖質の分解を促し、便秘解消効果があります。

また、大根自体も水分含有量が高く、
100gあたり18kcalと低カロリーで、
千切りなどにして生で食べる場合は、
歯ごたえも強い部類なので、
カロリーを抑えながら満腹感を得られる野菜です。
大根に含まれている食物繊維は、
100gあたりの含有量は1.3gとさほど多くないものの
大根に含まれる豊富な消化酵素と相乗して働くことで、
便秘の解消にも効果が期待出来ます。

 

スポンサードリンク




大根の効果的な利用方法について

大根おろし、千切りサラダ

大根に含まれる消化酵素やビタミンCは、
いずれも熱に弱い性質をもっているため、
やはり生で食べる大根おろしや、千切りサラダです。

しかし、大根をすりおろした場合、
約2時間後にはビタミンCの成分が半減してしまうので、
早めに食べるようにしましょう。

 

切り干し大根

乾燥させた切干大根の場合、
栄養価がさらにアップします。
特にビタミンB群やカルシウムは生の大根の約10倍、
鉄分は約30倍にも増えますので、
ぜひ、取り入れてみてください。

 

大根の葉の漬物

大根の葉は、栄養素が満点です。
大根の葉をよく洗い、 大根の葉と根の部分を細かく切り、
塩漬けにすると、美味しく漬物として利用できますよ。

 

千葉湯として利用する

千葉湯とは、大根の葉を使ったお風呂の事です。
大根の葉を食べきれなかったら、
千葉湯を試してみましょう。

作り方は簡単です。
刻んだ大根の葉をざるに入れて、
風通しの良い日陰で1週間ほど干し、
保存しておきます。

干す時の注意
天日干し(太陽の光に直接当てること)を
してしまうと色が悪くなるので、
風通しの良い日の当たらない場所に干すのがポイントです!

お風呂に入れる時は、それを木綿などの袋に入れ、
沸騰したお湯で20分くらい煮出します。
その煮汁を大根の葉が入った袋ごと、
お風呂の中に入れ、よく揉みだします。

大根のエキスで体が温まり、
冷え性や神経痛、腰痛、肩こりなどに効果的です。

 

大根の葉の保存方法について

日陰でしっかり干し、パリパリになった大根の葉を、
ナイロン袋や、ジップロックに入れて保存します。
3か月間くらいは保存がききますよ。

 

まとめ

大根に含まれている酵素は、
大根の白い部分にあります。

また、大根に含まれているビタミンCは、
大根の葉にたくさん含まれています。

大根は、葉付きの物を買ってきて、
葉まで利用しましょう。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
大根の効能について 大根に秘められた8つの効能について紹介します

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す