サルビアレウカンサの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

サルビアレウカンサは、アメジストセージとも呼ばれます。

晩夏から晩秋にかけて、
赤紫色や紫色の萼の中に、
白や紫のビロード状の花を咲かせます。

草丈は、150cm前後になり、
比較的大型のサルビアです。

そこで今回は、
サルビアレウカンサの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

サルビアレウカンサの花言葉について

サルビアレウカンサの花言葉は、
「家族愛」「家庭的」です。

 

たくさんのお花が寄り添っている様子は、
まるで家族のようです。

サルビアレウカンサ

 

 

 

 

サルビアレウカンサの育て方について

土づくりの仕方について

水はけの良い土壌を好みます。

市販のハーブ用培養土で問題なく育ちます。

ハーブの土

 

 

 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、3~4月です。
風通しが良い日向に植えます。

日陰だと徒長して倒れやすくなり、
花数もかなり少なくなります。
また花色も鮮やかな色が出にくくなります。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

土の表面がしっかりと乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

あまり与えすぎると、
根腐れをするので注意しましょう。

 

 

 

 

肥料の与え方について

サルビアレウカンサは、肥料をあまり必要としません。

植えつけの時に、緩効性肥料を混ぜ込んでおくだけで、
その後の追肥は必要ありません。

マグアンプ

 

 

 

 

増やし方について

5~7月に挿し木で増やすことが出来ます。

 

切り戻した枝を挿し穂として利用することも可能です。
茎を2節程度の長さに切り取って、挿し穂にします。
下の節の葉を取り除いて水揚げをしたら、
葉を取り除いた節が挿し木用土に埋まるように挿して下さい。

 

 

また、挿し芽に発根促進剤メネデールを使用することによって、
失敗を防ぐことが出来ます。
薄めたメネデール液に2~3時間浸してから、挿します。

 

メネデール

 

 

スポンサードリンク




 

 

冬越しの仕方について

-3℃以上の気温があれば冬越しが可能です。
秋の花が終わったら、
株元から15㎝(2節)程度の高さで切り戻して下さい。

暖地、温暖地の場合はそのままでも越冬可能ですが、
株元をマルチングして防寒対策をすると安心です。

地面が凍るような場所では、
戸外で冬越しすることは出来ません。
室内で管理して下さい。

 

 

 

 

病害虫対策について

ほとんど発生しません。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す