アメリカンブルーの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

アメリカンブルーは、
爽やかな青い花を咲かせる、
暑さに強く生育旺盛な人気植物です。

その名の通りアメリカ原産の青色の花が、
美しい花になっています。

花壇の縁どりやハンギングに最適です。
日が陰ると花は閉じます。

そこで今回は、
アメリカンブルーの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

アメリカンブルーの花言葉について

アメリカンブルーの花言葉は、
「清潔」「清涼感」です。

青色は色彩心理学によると、
清涼感やリラックス効果があるとされています。

 

 

 

アメリカンブルーの育て方について

土づくりについて

アメリカンブルーは、
水はけが良く、保水性のある土を好みます。

赤玉土(小粒)6~7に対して、
腐葉土3~4の割合で混ぜあわせて使用します。

アメリカンブルー

 

 

 

水やりの仕方について

アメリカンブルーは、
湿度に弱いため、水のやりすぎに気を付けましょう。

土の表面が乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

アメリカンブルーは、どんどん花を咲かせますので、
肥料も必要です。

植え付けるときにゆっくりと効く、
緩効性の化成肥料を土に混ぜておきます。

そして、花が咲いている4~10月は、
株が消耗しないように植え付けと同様の肥料を2~3ヶ月に1回与えます。

緩効性の化成肥料

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

アメリカンブルーは、挿し木と株分けで増やすことが出来ます。

挿し木の場合は、5~9月が適しています。
7~10cmほどの長さに茎を切り落とし、
水に30~1時間ほど浸けた後、
発根促進剤(ルートン)を塗り、 土が乾かないように水やりをし、
明るい日陰で管理すると、
約 10~14日で発根します。
根が十分に伸びたら鉢や地面に植え替えましょう。

ルートン

 

 

株分けの場合は、3~4月が適期です。
土から株を掘り上げ、手で2~3株に株を分けます。

植え付けてから1ヶ月は、肥料は必要ありません。
株分けは、植え替えと同時に行うと効率的です。

 

 

 

 

病害虫対策について

アブラムシとハダニが発生しやすいです。

見つけ次第、
ベニカXファインスプレーを散布しましょう。

ベニカXファインスプレー

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す