スイートバイオレットの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

スイートバイオレットは、
冬の花壇に欠かせないパンジーやビオラと同じ、
スミレ科の多年草です。

冬から早春にかけて2cmほどの香りのよい花をひそやかに咲かせて、
花が少ない季節を彩ります。
別名ニオイスミレと呼ばれています。

そこで今回は、
スイートバイオレットの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

スイートバイオレットの花言葉について

スイートバイオレットの花言葉は、
「高尚」、「控えめな美しさ」、「秘密の恋」、「奥ゆかしい」です。

強い香りが楽しめる植物で、
そのことから古くから香水に使用されてきました。

スイートバイオレット

 

 

 

スイートバイオレットの育て方について

土づくりの仕方について

水はけが良く、肥えた土を用います。

市販の草花用培養土が適しています。

草花用培養土

 

 

自分で配合する場合は、
赤玉土小粒と腐葉土を1:1で配合したものを使用します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、10~11月です。

庭では、落葉樹の下などに堆肥や元肥を入れ、
株間を30cmほど間隔をとって植えつけます。

夏は強い日ざしが遮られて冬は日当たりがよくなる、
落葉樹の下などが適しています。

鉢植えは、根の乾燥を防ぐために、
やや大きく深めの鉢に植えます。

 

 

 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

 

 

 

肥料の与え方について

鉢植えの場合、
植え付けの際に用土の中に元肥として、
緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。

マグアンプ

 

鉢底石を敷いて、苗を定植後の施肥は、
開花期間中に月2~3回薄めの速効性液体肥料を施します。

ハイポネックス

 

 

 

 

増やし方について

株分けで増やすことができます。

春と秋の時期に、
株を掘り起こすと茎が横にのびて根が生えているので、
根を切らないようにしながら株を切り分けてください。

定期的に株分けをして、
新しく育てなおしたほうが枯れずによく育ちます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

アカダニやアブラムシが発生します。

害虫が発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す