コレオプシスの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

コレオプシスは、
アメリカ大陸や熱帯アフリカに約120種類が分布しています。

日本には明治時代から輸入され始めました。

明るい花色の陽気な感じのする花を多数咲かせます。

美しい花を咲かせる幾つかの種があり、
道端や空き地などに自生しています。

そこで今回は、
コレオプシスの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

コレオプシスの花言葉について

コレオプシスの花言葉は、
「夏の思い出」、「陽気」、「真心」、
「新鮮で華やか」、「一目ぼれ」、「小粋」、
「上流への憧憬」、「上機嫌」、「愛の始まり」です。

 

春になって最初の花を咲かせると、
次々と喜びあふれるように咲くことからつけられたのでしょう。

コレオプシス

 

 

 

 

コレオプシスの育て方について

土づくりの仕方について

一般の草花用培養土でよく育ちます。

草花用培養土

 

自分で配合する場合は、
赤玉土7、腐葉土3の割合で配合します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

日当り、水はけの良い場所あれば栽培は容易です。

ただし、日陰や湿地ではうまく育ちません。

 

植えつけの時期は、
4~5月・9~10月です。

 

鉢植えは、根詰まりを起こしたり芽が込みすぎたりすると生育が悪くなり、
花も少なくなります。
そこで1~2年ごとに春か秋に株分けを行い、
芽数を制限し、古い用土を落として植え直します。

 

 

 

 

水やりの仕方について

土の表面がしっかりと乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

 

 

 

肥料の与え方について

地植えならば、あまり肥料を必要としませんが、
鉢植えやコンテナ植えならば、肥料を与えないと花は咲きません。

生長する春から秋にかけて、
コレオプシスの肥料が途切れないように、
液体肥料を最低でも毎月2〜3回は与えるとよいでしょう。

ハイポネックス

 

開花期が遅い種類のものは、春から梅雨頃までと、
秋口に月1回の置き肥をしてあげると、
花数も増え、賑やかになります。

固形油粕

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

コレオプシスは、種まきと株分けで増やします。

一年草タイプならば、種まきです。
こぼれ種でよくふえます。

多年草タイプならば、株分けで増やします。
株分けは9~10月に行います。

 

 

 

 

病害虫対策について

アブラムシが発生しやすいです。

アブラムシが発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

また、日当たりや風通しが悪いと、
うどんこ病や灰色かび病が発生します。

予防のために、ダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す