スィートバジルの育て方について 元気に育てるコツを紹介します

スイートバジルはハーブの王様とも呼ばれ、
とても人気があります。
イタリア料理には欠かせないハーブの一つです。

草丈は摘心せずに育てると1m近くに達し、
艶やかな柔らかい葉が生い茂り、
6月下旬ごろから9月にかけてシソ科らしい花穂をつけ可憐な白い花を咲かせます。
スイートバジルは温暖な国では多年草ですが、
日本では越冬できないために一年草として扱われます。

そこで今回は、
スィートバジルの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

スィートバジルの花言葉について

スィートバジルの花言葉は、
「神聖」、「好意」、「憎しみ」です。

バジルは神に捧げる高貴な植物(トゥルシー)としての地位に由来するとされています。

その恩恵にあやかろうと、
古来バジルは人々の幸福への願いを象徴する存在として、
寺院や家の周囲で育てられ、親しまれてきました。

スイートバジル

 

 

 

スィートバジルの育て方について

土づくりの仕方について

スィートバジルはは、
保水力の高い有機質に富んだ土が最適です。

地植えにする場合は、
完熟堆肥と腐葉土を十分にすき込んで、
保水力の高い有機質に富んだ土にしましょう。

鉢やプランターで育てる場合は、
赤玉土と腐葉土を混ぜたものに、
緩効性肥料を混ぜ込んであげます。

マグアンプ

 

 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、4~6月です。

スィートバジルは日当たりを好みます。
風通しが良く、日当たりが良い場所に植えます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

スィートバジルは、乾燥に弱いので、
土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えます。

 

 

 

 

 

肥料の与え方について

スィートバジルは、肥料をたくさん必要とします。
植え付け時に緩効性肥料を与え、
生長期の5~9月にかけては月1回即効性の液体肥料を、
規定通りに薄めて散布します。

ハイポネックス

 

 

 

 

増やし方について

株分け、挿し木でも増やせますが、
通常は種まきで増やします。

種の発芽には20℃以上の温度が必要です。
4月下旬から5月の気温が安定して遅霜の心配がない頃にまきましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

アブラムシやハモグリバエが付くことがあります。

害虫が発生したら、オルトランが効きます。

 

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す