ヘメロカリスの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ヘメロカリスは、
初夏から夏にかけて次々と花を咲かせる多年草です。
花が1日しか持たないことから、
別名デイリリーとも呼ばれます。

しかし、1本の花茎にたくさんの花を咲かせ、
何本も立ち上がるので、長期間花が楽しめます。

そこで今回は、
ヘメロカリスの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ヘメロカリスの花言葉について

ヘメロカリスの花言葉は、
「媚態」「一夜の恋」「とりとめのない空想」「愛の忘却」です。

 

艶のある美しさがあることから、
付けられました。

ヘメロカリス

 

 

 

 

ヘメロカリスの育て方について

土づくりの仕方について

市販の草花培養土が適しています。

草花用培養土

 

 

 

自分で配合する場合は、
赤玉土小粒6、腐葉土3、牛ふん堆肥1を混ぜ合わせて使用します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

当りと水はけの良い場所を好みますが、
強健で半日陰でも良く育ちます。

植えつけの時期は、3~4月です。
50cm程度の間隔で植えつけます。

 

 

 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

また、秋以降は徐々に水やりを控えめにしていきますが、
冬でも極度に乾く場合は水やりを行います。

 

 

 

 

肥料の与え方について

元肥として有機質肥料を用土に混ぜ混んでおきます。

有機肥料

 

また、庭植えの場合は早春と秋に緩効性化成肥料を、
鉢植えの場合は月に1回緩効性化成肥料を施します。

マグアンプ

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

株分けで増やします。

時期は、9~10月で、
葉や根を1/3まで切り戻して植えると良いでしょう。

 

 

 

病害虫対策について

生育中はアブラムシに注意します。

 

アブラムシには、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す