キンセンカの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

キンセンカは冬から春にかけて、
鮮やかなオレンジ色の花を咲かせます。

丈夫で作りやすい草花として親しまれています。

壇やコンテナに広く利用され、
重宝されています。

そこで今回は、
キンセンカの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

キンセンカの花言葉について

キンセンカの花言葉は、
「別れの悲しみ」「忍ぶ恋」です。

キリスト教を迫害したローマ皇帝の象徴でもあることから、
鮮やかな色の明るいイメージとは違い、
キンセンカの花言葉は悲しい意味を持ちます。

 

キンセンカ

 

 

 

キンセンカの育て方について

土づくりの仕方について

市販の草花用培養土を利用します。

自分で配合する場合は、
赤玉土7、腐葉土3の配合用土をベースとします。

 

草花用培養土

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

日当り、水はけの良い場所を好みます。

植え付け前に苦土石灰等で、
土をアルカリ性にしておきます。

キンセンカの植えつけ適期は1月~3月で、
苗もその時期にたくさん売られています。

 

 

 

水やりの仕方について

キンセンカは乾燥に強い植物です。

土の表面がしっかりと乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

 

 

肥料の与え方について

キンセンカの植えつけの際に、
元肥として緩効性肥料を与えます。

地植えの場合はその後、
ほとんど肥料を与えなくても良いです。

成長期の10月~4月の間は、
月に1回の頻度で液体肥料を与えます。

 

緩効性肥料

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

種まきで増やすことが出来ます。
播種は9~10月にします。

 

 

 

病害虫対策について

ヨトウムシ、アブラムシが発生することがあります。

 

発生したら、オルトランが効きます。

 

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

また、風通しが悪かったら、
うどんこ病や炭そ病が発生します。

 

発生したらダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す