カクトラノオの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

カクトラノオは、毎年花を咲かせる多年草です。

日本の気候によく合い、
一度植えつければ放任したままでも、
毎年花をつけるほど丈夫で、
地下茎を縦横に伸ばして繁殖するので、
半ば野生化して道端にまで繁茂しています。

そこで今回は、
カクトラノオの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

カクトラノオの花言葉について

カクトラノオの花言葉は、
「望みの成就」「達成」です。

下から順に花を咲かせて、
最後に頂点の花を咲かせることからつけられています。

カクトラノオ

 

 

 

 

カクトラノオの育て方について

土づくりの仕方について

日当たりと排水がよければ土質を選びません。

通常の草花培養土を使用します。

草花用培養土
 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

日当りを好みますが直射日光はなるべく避けます。半日陰の場所でも大丈夫です。

植えつけは3月が適期で、根株を購入して植えつけます。

 

 

 

水やりの仕方について

丈夫で育てやすいですが、
真夏に乾燥させないことが重要なポイントです。

夏に乾燥しすぎると、
花つきが悪くなるので水やりには注意します。

鉢植えの場合は、
毎日しっかりと水を与えます。

地植えの場合は、
夏以外は水やりの必要はありませんが、
真夏の乾燥がひどいときには、
しっかりと水を与えます。

 

 

 

肥料の与え方について

肥料は元肥に化成肥料を施し、
その後は10月と3月に株元に化成肥料を施します。

肥料が多すぎると大きくなりすぎて倒れますので控えめにします。

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

2~3年おきの3月頃、
株分けをすると良いでしょう。

 

また、挿し芽や種まきでも増やせます。
挿し芽は4月頃に出てきた茎を適当な長さに切り取って土に挿して、
根付くまで乾かさないようにします。

種まきの適期は4月~5月で、
開花するのは翌年の初夏~秋になります。

 

 

 

病害虫対策について

特にありません。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す