ダイエットに効果的!! アロエの成分に含まれる効果や効能がすごい

アロエの効能として、

過去の記事でいくつか紹介してきました

  • やけどに効く
  • 二日酔いに効く
  • 便秘の改善や健胃効果がある
  • 美容に効く

この、便秘の改善に効果的な成分が、

ダイエットにも効果があります。

この効能について詳しく紹介していきます。

スポンサードリンク

アロエに含まれる、アロインという成分が効く

アロエの成分が直接的に脂肪を燃焼させるわけではありませんが、

新陳代謝を活発にしたり、

血液中の中性脂肪を減らすことでダイエットに効果があります。

アロエには、アロインという成分が含まれています。

この成分が、大腸の腸壁筋肉の運動を活発にします。

その効果で便秘が改善し代謝が活発になるのです。

また、アロエには自律神経を落ち着かせる効果もあります。

ですので、ストレスが原因の食べ過ぎや

便秘症にもよい影響を与えます。

 

どの種類のアロエが効くの?

アロエはユリ科の植物で700種類程ありますが、

実際に薬効が期待できるのは十種類程度で

その中でもキダチアロエアロエベラが特に

有効成分が多く含まれています。

キダチアロエはトゲのある細かい葉が特徴です

キダチアロエ

キダチアロエ

キダチアロエは、薬用成分が多いのが特徴ですが、

食べると苦いです。

 

アロエベラは葉が大きく厚いのが特徴で、

食用として広まっています。

アロエベラ

アロエベラ

アロエベラは、キダチアロエに比べると、

薬用成分が少ないですが、食べやすいのが特徴です。

 

スポンサードリンク

ダイエットに効果的な、アロエの摂取方法

基本的には、生で使用した方が即効性があり

成分を直接摂取できるので有効です。

アロエの食べ方には様々な方法がありますので、

好みに応じて試してみてください。

 

生葉を切ってそのまま食べる場合には、

身体の吸収力が一番良いとされている、

朝に食べましょう。

 

アロエの葉を洗って、トゲの部分を取り除いてから、

食べやすい大きさにカットしましょう。

 

皮も一緒に食べれば、アロエの成分を余すことなく摂取することができます。

 

しかし、キダチアロエの皮は苦味が強く食べにくいので、

皮を取り除いてゼリー状の部分だけ食べましょう。

比較的苦味のすくないアロエベラの場合には、

皮まで食べることができますよ。

アロエは、そのまま食べるのが一番効果的です。

 

また、ジュースにするのも良いですよ。

他のジュースで割ると飲みやすくなります。

アロエの摂取量は100%ジュースで、

1日に30ml程度です。

摂りすぎに注意してください。

他に、市販のアロエ入りのヨーグルト等を食べるのも良いでしょう。

 

 

アロエの調理の仕方を紹介した動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

アロエに含まれる、アロエステロール®は体脂肪を減らす効果がある

アロエステロール®には、

体脂肪の蓄積を防ぎ、体脂肪を減らす効果があります。

この効果は、ダイエットをしている人にはとてもありがたい効果ですよね。

また、血糖値の上昇を防ぐ効果もあります。

これは糖尿病の患者の方に嬉しい効果でよね。

しかし、アロエステロール®は7500kgのアロエベラから、

たった1gしか抽出できないのです。

つまり、アロエを食べても

ほとんど入っていないのです。

最近では、アロエステロール®入りの食品も販売されていますので、

そちらを利用した方が良いですね。

 

 

ダイエットサプリメント人気ランキング

 

まとめ

よく見かけるアロエは、

その中でもキダチアロエとアロエベラです。

薬効成分は、キダチアロエの方が多いですが、

苦みがあります。

また、食べやすく加工されたアロエ食品もありますので、

生で食べるのに抵抗がある方には、

アロエ食品もお勧めです。

毎日飲むだけでお腹スムーズ「キダチアロエピュア100」

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す