嫌な事や感情が顔に出てしまう悩みについて 対処法を紹介します

自分の思っていることが、
顔に出てしまいやすい人っていますよね。

実は、感情が表に出てしまう事は、
ごく普通の事なのです。

嬉しいことや楽しい事についてだと、
顔に出てしまっても良いでしょうが、
嫌な事や、嫌いな人の前で
顔に出てしまうことは避けたいですよね。

そこで今回は、
嫌な事や感情が顔に出てしまう悩みについて 対処法を紹介します

スポンサードリンク




自分の感情を客観視する

私たちは、感情の通りに行動するようにできています。
誰でもそうです。
人間は、感情の生き物なのです。

けど、感情のままに行動をしても、
物事はうまくいきませんよね。
それは、誰もが知っているのです。

そこで、感情をコントロールできるかどうかがで決まってきます。

感情をコントロールできるようになるには、
まずは、自分の気持ちを把握する必要があります。

自分は怒っているのか?
イライラしているのか?
喜んでいるのか?

心の中で、自分の感情を言ってみましょう。

そうすることにより、
自分の感情を、理性でコントロールできるようになります。

理性で感情をコントロールが出来るようになれば、
顔に出さないように、コントロールする事が出来るようになります。

 

ポジティブな言葉に触れる

普段から、ネガティブな言葉や情報に触れている人は、
感情もネガティブになってしまいます。

ですので、ポジティブな言葉に触れるようにしましょう。
良い言葉で、理性を強める事が出来ると、
理性で感情をコントロールする事が出来ます。

って簡単に言いましたが、
簡単にポジティブな言葉に触れることはできませんよね。

 

自分は、ポジティブでありたいと思っていても、
周りがネガティブな人ばかりであったら、やはり影響を受けやすいのです。

そこで、おすすめは
格言や名言、偉人たちの言葉に触れることです。

格言や名言、偉人たちの言葉は、
全てポジティブです。

 

スポンサードリンク




深呼吸をしましょう

感情を表情に出さないためには、
感情をコントロールする方法として、簡単な呼吸法があります。

呼吸を落ち着かせる事で、感情も落ち着かせることができます。

 

深呼吸の方法

    • 大きく息を吸い込みます。
    • そして口から、なが~く息を吐きます。
    • 息を吸うよりも、なが~く息を吐くことに集中します。

ゆっくり吐く事が出来れば、
心を落ち着かせる事が出来ます。

この呼吸法を意識する事が出来ると、
感情をコントロールする事が出来るので、
顔の表情もコントロールする事が出来るようになります。

 

口角を上げる

口角が下がっていると、
不満げな、怒ったような表情に見えがちです。
少し意識して、口角を上げることを心がけてみましょう。

口角を上げることで表情が明るく矯正されやすいだけでなく、
気持ちも不思議と前向きになりますよ。

 

なんで?思考を我慢する

なんで?思考とは、
「なんで私ばっかり責められるの?」
など、怒りや不満を生む思考です。

そういった思考は、不満な表情となって無意識に現れてしまいがちです。
少なくとも人と接している間は、
その思考はグッと心の奥に押しとどめておきましょう。

 

 

ストレスに効く市販のサプリメントランキング

 

 

好き・嫌いの感情スイッチはオフにする

人間ですから、
職場の同僚や上司との人間関係において、好き嫌い、合う・合わないは
どうしても出てきます。

職場に入ったら仕事で関わる人間として、
好き嫌いを排除した関わりを心がけましょう。

話口調や呼び名を統一するなど、
仲の良い同僚であっても、
仕事モードのルールを定めておくのも一つの方法です。

 

まとめ

嫌な事や感情が顔に出てしまうことを避けようとすると、
相当な努力が要ります。

嫌な事や感情が顔に出てしまう悩みの方は、
この方法を試してみて下さい。

ただし、息抜きも重要です。
仲間同士での飲み会や家族団らんの場など、
思い切り愚痴を言える場を定期的に設け、
ストレス発散はしましょうね。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す