上司に好かれる方法や特徴について 7つのポイントを紹介します

学校を卒業して社会人になった人は、
誰もが経験する職場での人間関係。

職場での人間関係で悩む人は、
全体の75%もいます。

職場で、上司とのコミュニケーションがしっかりとれていれば、
ある程度上手く行きます。

そこで、今回は
上司に好かれる方法について
ポイントを紹介します。

スポンサードリンク




上司の性格を知りましょう

上司と一言で言っても、
色々な性格の人がいます。

上司と良好な関係づくりには、
上司の性格を知り、その上司の性格に合わせた対応
が大切になってきます。

 

ワンマン主義の上司の場合

ワンマン主義の上司は、
自分を頼ってくれることを望んでいます。
あなたが、教わり上手になるとがポイントです。

 

温厚な上司の場合

このタイプの上司は、
人を差別しません。
誰にでも対等に接してくれるため、
みんなに好かれる特徴があります。

しかし、その反面、存在を無視されがちになるので、
その上司に対して、誠実な態度で気を配ってあげることがポイントです。

相手の性格を理解することで、
はじめて上手なコミュニケーションが成り立ちますよ。

 

優柔不断な上司の場合

ポイントは、
自信をつけさせてあげることです。

決断力が足りないマイナス面と、
慎重にことを進めるプラス面がある性格なので、
その上司が何か迷っていたら、
「○○さんの考えでいきます。大丈夫です」
と背中をポンと優しく押してあげましょう。

 

上司に好かれるポイントについて

ポイント①しっかりと挨拶をしましょう

挨拶は、社会人にとっては当たり前の行動です。

朝出勤すれば、おはようございます。
出社時には、お疲れ様でした。

挨拶は、上司に好かれるという以前の問題で、
当たり前のことだと認知しましょう。

 

ポイント②雑用を積極的にやる

雑用なんて、誰もやりたがりませんよね。
しかし、誰かが雑用をやらなければ、
仕事は減りません。

上司もそれを分かっています。
率先して雑用をする部下に対しては、上司は良い印象を持ちます。

 

スポンサードリンク




ポイント③報告、連絡、相談をする

ほうれんそうってよく言いますよね。
報告、連絡、相談のことです。

上司から受けた指示に対しては、
結果を報告しましょう。
分からなければ、素直に相談しましょう。

特に、悪い事ほど早く報告しましょう。

仕事で失敗してしまったり、
納期を遅らせてしまうのは仕方がないことです。
なるべく報告を遅らせたい気持ちは分かりますが、
悪い報告ほど早くするべきです。
迅速な報告により、上司自身の対応がしやすくなってきます。

 

ポイント④素直に振る舞いましょう

どんなに細かな指摘でも素直に聞き入れ、
次から間違えないようにする謙虚さが重要です。

指摘に対してそっけない態度をとっているようだと、
「せっかく教えてやったのに」と思われてしまいます。
謙虚に学ぶ心を持つことが、可愛い部下と愛されます。

 

ポイント⑤付き合いが良い

上司に誘われた時に、
喜んで着いていくような部下は
やっぱり好かれます。

自分の気持ちと折り合いをつけながら、
できるだけ参加するようにしましょう。

 

ポイント⑥気配りをする

自然に気配りができる人はいません。
意識して気配りをしましょう。

例えば、時間帯を見計らって
飲み物はいかがですか?
等、聞いてみましょう。

また、自ら進んでオフィス内を整理整頓してみましょう。
上司は、誰にでもできる雑用は、
出来るだけ、誰かにしてもらいたいと思っています。
このような気配りは、
上司にとって重要視されますよ。

仕事中も、頭の片隅の中で、
「私にできることはないか」
「何か私が役に立つことはないか」
と意識しながら過ごしてみてください。

 

ポイント⑦メンタル面が強い

上司から見れば、
すぐに落ち込んでしまう部下よりも、明るくて
失敗を教訓にする部下の方が良い印象を受けます。

しかし、このメンタル面だけは、
なかなかコントロールできるものではありません。

ですので、
多少無理してでも明るく振る舞うようにしましょう。
そうすることで、上司からも好かれるようになり、
職場の人間関係も良好になります。

 

まとめ

上司は、自分の言う事を良く聞く人や、
仕事に対して前向きな人を好みます。

逆に、自分に反抗的な部下は嫌われます。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
上司に嫌われる人の特徴について 4つの特徴を紹介します

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す