上司に嫌われる人の特徴について 4つの特徴を紹介します

仕事は楽しいですか?
あなたは、上司と上手くやっていますか?

上司に好かれる部下と、嫌われる部下は、
一体何が違うのでしょうか?

そこで今回は、
上司に嫌われる人の特徴について紹介します。

上手くいっていない方は、
この記事を参考に、改善してみて下さい。

スポンサードリンク




上司に嫌われる人の特徴について

特徴①コミュニケーションをきっちり取らない

仕事では、コミュニケーションが大変重要です。
指示を受けたら、結果を報告するのが当たり前です。
報告をしないと、指示したことがきっちりと出来ているのか?
上司も判断できません。

仕事の進め方が分からずに、何もしていないとなると最悪です。
やり方が分からなければ聞く。
いちいち報告するほどでもないと思っていても、
報告していなければ、
上司は無視されていると、とらえてしまいます。

「自分はきちんと仕事はこなしているはずなのに、なぜか上司に嫌われた……」
という人は、報告の頻度について振り返ってみてください。

 

特徴②自分の仕事以外は、やらない

これは、自分に任せられた仕事以外の仕事を、やらないということです。
会社勤めしていると、仕事以外にも雑用があります。
上司から担当業務以外の仕事を指示された場合、
断っていませんか?

「それは私の仕事ではありません」と拒絶したり、
渋々引き受けたりするようでは、
上司の不評をかってしまいます。

通常業務をきちんとこなすのは、当たり前のこと。
突発的な業務外の仕事でこそ、あなたの真価が問われているといえるでしょう。

 

スポンサードリンク




特徴③安易に分かりましたと言う人

上司の発言に対して、
安易に「わかりました」と言う人がいますよね。

本当に理解して、「分かりました」と言うのは良いですが、
分かってもいないのに、その場しのぎの「分かりました」や
上司の意向に納得していないが、
論議を避けるために、「分かりました」と言う事、
これらは、トラブルの原因になります。

上司は、司は部下が「わかった」と言ったことは必ず覚えています。
いつやってくれるのか?
とずっと待ているのです。

けど、本人は分かっていないですし、納得していないので
いつになっても仕事が進みません。

不明な点、納得できない点は、
最初に指示を受けた段階で解消しておかなければなりません。

もちろん、納得できない場合に「課長の考えはおかしい」などと
正面きって反論するのはNG。
「課長は○○だとお考えなのですね。私は●●だと思うのですがいかがでしょうか」
というように、相手の発言を受け止めつつ、
質問の形式で自分の考えを述べると角が立ちにくいでしょう。

 

特徴④不満ばかり言う人

彼らは常に不満を持っていて、
同僚や事務管理などの失敗を見つけます。
彼らは常に自分が不当な扱いを受けていると感じているのです。

また、陰で悪口を言うタイプもいます。

一緒に働いている人は、
こういうタイプの人の事を、嫌になってしまうでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
上司に嫌われる人の特徴4つをお届けしましたがいかがでしたか?
心当たりのある人は、この機会にぜひ改善して、
上司から好かれる人材になってくださいね!

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
上司に好かれる方法や特徴について 7つのポイントを紹介します

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す