不安を解消するコツについて おすすめの3つの方法を紹介します。

不安というものは、
誰もが感じる感情です。
未来の起こる出来事について、心配に思ったり、
恐怖を感じたりすることです。
または恐怖とも期待ともつかない、
何か漠然として気味の悪い心的状態や、
よくないことが起こるのではないかという感覚でです。

そこで今回は、
不安を解消するコツについて
おすすめの方法を紹介します。

スポンサードリンク




不安とは妄想です。

そもそも、不安というものは
未来に起こる出来事について、
「上手くいくのだろうか」
「失敗したらどうしよう」

など、未来に起こる事の出来事について
心配することから発生します。

 

不安は、考えれば考えるほど余計に不安になります

不安は考えれば考えるほど、
不安を呼び、冷静な判断がどんどんできなくなります。
一度この悪循環に入ってしまうと、抜け出すのは大変です。

みなさんにも経験があるのではないでしょうか。

 

 

あなたの不安を解消させてくれる音楽です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

不安を解消するコツについて

ポイント①なぜ不安に感じているのか把握しましょう

不安を解消するコツは、
なぜ自分は不安に感じているのか?
その原因を突き止めましょう。

不安になる原因は、
自分でコントロールできない事があるからです。
自分でコントロールできないということは、
言い換えれば 「結果が読めない」という事です。
私たちは、その不確実性を「不安」として感じるのです。

不安の対象を時間軸で見てみると、
対象となるのは未来に対するものだけです。
まだ起こっていないことを心配して発生する感情が不安ですよね。
過去の出来事に不安になることはありません。

 

準備することにより、不安を解消することも可能です

例えば、明日のプレゼンに対して不安がある場合は、
「明日のプレゼンが成功するだろうか」

この場合は、事前準備を徹底的にすることにより、
不安解消できますよね。

自分ではこれ以上できないと思えるくらい、
精度が高まっているのであれば、
もう他にすることはありませんから、
「あとは自分の力ではどうもできない」とあきらめもつきますよね。

まだ高めることが出来そうなのであれば、
今すべきことはオロオロすることではなく、
プレゼン資料と向き合うことしかない、と気づくでしょう。

 

ポイント②不安は妄想だということを認識してください

不安とは、マイナス思考の事です。
頭の中で、マイナス思考を想像している状態なのです。
つまり、頭の中で考えているだけですので、妄想です。

大切なのは、
「妄想は妄想にすぎない」と客観的に理解して、
それ以上に真に受けないことです。

 

スポンサードリンク




「妄想は妄想にすぎない」と客観的に理解する方法を紹介します。

客観的に理解する方法~手順。

    • まず、両目を閉じてください。
    • そして、昨日の夕食を思い出してください。
    • 昨日の夕食のおかずは何でしたか? どんな味でしたか?
    • 思い出したら、目を開けてください。

 

分かりましたか?
目を開けてみたものが現実です。
目を閉じて、昨日の夕食を思い出していたのは、
妄想です。

その状態は「見えている」という事実(視覚)です。
「ああ、さっき思い浮かべていた食事は“妄想”だったのだ」と、
はっきり自覚してください。

目を閉じて見えるものが妄想。
目を開いて見ているものが現実です。
こう考えると当たり前なのですが、
妄想と現実とは、はっきりと違います。

この2つを区別できるようになることが、
「ムダな妄想をしない」決定的な方法になるのです。

 

ポイント③体に感じる刺激に集中する

無駄な妄想をしないと言いましたが、
妄想を始めると、どんどん大きくなってしまうのが
妄想の特徴です。

そこで、意識を集中して
体感じる刺激に集中してみて下さい。

例えば、歩いているときに足の裏に感じる刺激です。
意識を集中すると、妄想が消えますよ。

意識して、妄想しないようにしましょう。

 

まとめ

不安とは、未来に対すして起こります。
過去の出来事に不安になることはありません。

不安とは、妄想ですので
普段から妄想しないように心掛けることが、
不安を感じない体質になる近道です。

こちらの記事も参考にしてみて下さい
不安を感じやすい人の特徴にとは? また、その対処法とは?

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す