スイセンの育て方 球根からの育て方から、来年も咲かせる方法を紹介します

スイセンは、
寒さに強く比較的丈夫な球根植物です。

冬場には、パンジーやビオラ
アリッサム・ガーデンシクラメン等、
お庭を彩る花が少ない中、
スイセンは、冬のお庭を明るく彩り、
春の訪れを感じさせてくれます。

そこで今回は、
スイセンの育て方について
球根からの育て方から、来年も咲かせる方法を紹介します。

 

スポンサードリンク




 

スイセンの種類・品種について

スイセンは1万種以上の園芸品種があり、
現在も品種改良が盛んに行われ、
年々その数は増加していっています。
このため、品種名の混乱を避ける意味合いもあり、
交配親の野生種、花姿などにより、
イギリス王立園芸協会が定めた系統に分類されています。

①ラッパズイセン
②タイハイスイセン(大杯スイセン)
③ショウハイスイセン(小杯スイセン)
④八重咲きスイセン
⑤トライアンドラリス・スイセン
⑥シクラミニウス・スイセン
⑦ジョンキラ・スイセンおよびアポダンサス・スイセン
⑧房咲きスイセン
⑨クチベニスイセン
⑩ペチコートスイセン
⑪バタフライスイセン
⑫その他のスイセン
⑬野生種

この分類は便宜上のものであり、植物学上のものではありません。

 

 

世界中の珍しい種、
世界中の珍しい植物、
育ててみませんか?
日本の農業を元気に楽しくしていきます!【マルシェ青空】

 

スイセンの植え方について

スイセンの植える時期について

スイセンは10月に入ったら、
早めに球根を植えます。

霜が来る前に充分に地中で根を張らせると、
暖かくなったときの生育の勢いが格段に違います。

 

スイセンの植える時期

 

 

 

土づくりについて

 

使用する道具

 

 

スイセンは水はけのよい土であれば、
土質を選びません。

赤玉土(小粒)7:腐葉土3を混ぜあわせた用土か、
市販の草花用培養土でも元気に育ってくれますよ。

そして、緩効性肥料(マグアンプ)を混ぜこんでおきます。

 

マグアンプ

 

 

 

スイセンを植えます

 

使用する道具

スイセンの鉢植えの場合は、
鉢の底には鉢底石を敷いておきましょう。

鉢の準備が整ったら、
6号鉢に3~5球を目安に、
球根の頭が少し出るくらいの浅植えにしていきます。

 

スイセンの鉢植え
スイセンの地植えの場合は、
日光がよく当たる場所で、水はけのいい土壌に植え付けます。
庭土が粘土質な場合は、掘り起こした土に腐葉土を混ぜ込むといいですよ。

そして、深さ10cm(球根2つ分程度)の穴を掘り、
株間を15~20cmほど空けて植え付けていきます。

スイセンの地植え

 

 

スポンサードリンク




 

スイセンの育て方

スイセンの水やりについて

水仙はたくさんの水を必要とする植物です。

そのため、生育期である冬から春にかけては、
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。

 

アマリリスの水やり

 

また、花が枯れてしまってからも、
光合成をするために葉を伸ばすことから、
水やりは継続して行ってください。

葉が全て枯れたら、水やりをするのはやめましょう。

 

 

スイセンの肥料のやり方について

 

使用する肥料

 

肥料は球根を植え付けるとき、
あらかじめ土の中にゆっくりと効くタイプの
粒状肥料(マグアンプ)を混ぜ込んでおきます。

そして、開花時には毎月1~2回液肥(ハイポネックス)を施しましょう。
開花後は、できるだけ早く花がらを摘んで、
お礼肥としてカリウムの多い速効性の化成肥料を株元に与え、
球根を太らせると、翌年もしっかりと花を咲かせてくれますよ。

 

ハイポネックス

 

 

 

プロも愛用の人気植物活力液!
全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」

 

 

花後の手入れについて

花が終わったら花がらを摘み、
球根の栄養を消費しないようにします。

花が終わったら、
早めに根元から切り取ってください。
ただし、葉は光合成をして栄養を作り出すために必要なので、
枯れるまでは切り取らないようにしましょう。

 

 

スイセンの増やし方について

7月頃に葉が枯れて、
休眠に入った球根を掘りあげると、
たくさん子球がついてきます。

 

スイセンの分球

 

これを分球して秋に植えます。
大きめの子球なら、1年後くらいから花を咲かせます。

 

 

まとめ

スイセンは、
早めに球根を植えるのがコツです。

霜が来る前に充分に地中で根を張らせると、
暖かくなったときの生育の勢いが格段に違います。

また、
スイセンはたくさん水を必要としますので、
水を切らさないように注意しましょう。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す