コンフリーの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

コンフリーは、ハーブの一種です。
以前天ぷらなどの食べ方が流行しましたが、
研究の結果毒性があることが判明し、
現在は、可愛らしい紫の小花を鑑賞するほか、
自然肥料の材料として人気です。

大きな葉や茎は粗毛に覆われ、
ゴワゴワしていますが、
可憐な鈴のような花をつけます。

そこで今回は、
コンフリーの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

コンフリーの花言葉について

コンフリーの花言葉「努力」です。

コンフリーは大変生命力の強いハーブで、
若葉を摘まれても摘まれても、
すぐに繁殖します。

そうしたたくましい姿からつけられた花言葉です。

コンフリー

 

 

 

 

コンフリーの育て方について

土づくりの仕方について

水はけが良く、水もちのよい場所を好みます。

用土は、赤玉土に少し腐葉土を混ぜ込んで使用します。

また、コンフリーは大きくなる速度の速い植物ですので、
地植えにする方が良いです。

 

 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、3~5月、9~10月です。
日当りから半日陰の、
有機質に富んだ保水性のある場所を好みます。

強健で良く茂り、数年植えたままでも大丈夫です。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

湿り気のある環境を好むので、
カラカラに乾かさないように注意します。

土の表面が乾きかけたら、
しっかりと水やりをします。

 

地植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。

 

 

 

 

肥料の与え方について

肥料はあまり必要としません。

植え付ける際に土の中に、
ゆっくりと効くタイプの肥料を混ぜ込みます。

マグアンプ

 

その後、あまり肥料を与えすぎると、
ほかの植物の領域を侵すくらい広がるので控えめにしましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

春の播種、
春か秋の株分けや根挿しでふやすことができます。

植え替えの際にゴボウのような太い根を10cm前後に切って、
その根を土の上に寝かせ、
5cmくらい土をかぶせておくだけで発芽します。

 

 

 

 

病害虫対策について

センチュウの被害が発生することがあります。

 

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す