牡丹(ボタン)の育て方について 肥料の与え方・剪定の仕方・増やし方・病害虫対策など、キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

牡丹(ボタン)は、
ボタン科ボタン属の落葉性低木で、
大輪で豪華な花が好まれ「百花の王」や「花王」といわれる名花です。
品種改良の歴史が長く、
花色や容姿のバリエーションが豊富にあります。

「育てるのがむずかしい」といわれる牡丹ですが、
庭植えにすれば、
それほど管理が大変なわけではありません。

そこで今回は、
牡丹(ボタン)の育て方について
キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

牡丹(ボタン)について

ボタン属にはシャクヤクも知られていますが、
ボタンが「木」であるのに対して、
シャクヤクは「草」として扱われます。

細かく言うと、
ボタンは冬に葉っぱは落ちるものの茎は枯れず残り、
表面は木のようなざらざらした質感になります。

シャクヤクは冬になると茎も葉っぱも枯れて、
根と芽の部分だけ残ります。

分類上、ボタン属はボタン節とシャクヤク節の2つに分ける説があります。
この説を採ると、それぞれに分類されるのがすなわちボタンであり、
シャクヤクであるとも言えます。

牡丹(ボタン)

 

 

ガーデニング用品なら、
何でも揃う
アイリスプラザ

 

 

牡丹(ボタン)の育て方について

中国原産の落葉性花木で、
日本でも古くから親しまれている植物の一つです。
その貴婦人のようなたたずまいから、
美人の形容にもたとえられる花の一つです

 

 

土づくりについて

 

使用する道具

 

牡丹(ボタン)は、水はけと水もちのよい土を好むので、
赤玉土(小粒)6:腐葉土3:もみ殻くん炭1の割合で、
混ぜた土がおすすめです。

さらに川砂を1割ほど混ぜ込むと、
水はけが一層よくなりますよ。

粘土質の土地では、
その層を壊さないかぎり牡丹は育ちません。

地植えのときは、まず土の質を確認します。
細い支柱をさして、
支柱が通りにくい部分がないかチェックしてみましょう。
以前に重機などを使用したことがあると、
粘土質(硬土)になっている可能性があります。

 

pHは5.0〜6.0が目安です。
土壌酸度計があれば、それぞれの植物に合った土づくりに便利です。

 

 

 

牡丹(ボタン)の植え付け方について

植えつけの適期は9月下旬から10月下旬です。

50cmの深さの植え穴を掘り、
掘り上げた土に完熟堆肥や腐葉土を1/3量混合し、
つぎ木した部分が地面より上に出るように浅く植えつけ、
さらに株のまわりに10cmほど、土をかぶせます。

牡丹(ボタン)はシャクヤクを台木に使い、
つぎ木しているので、購入した株の根はシャクヤクです。

そのため、つぎ目より上にも覆土するのがポイントです。
植えつけ後には、たっぷり水やりしましょう。
なお、牡丹(ボタン)は植え替えを嫌います。
鉢植えの場合は、根が十分に張らないと地上部が生育しないので、
大きめの8号鉢以上の素焼き鉢や駄温鉢に、
つぎ目が地面の下5cmほどの深さになる位置で植えつけます。

成長が悪くなったなどの問題がないかぎり、
植え替えは不要です。

 

 

 

牡丹(ボタン)の肥料の与え方

 

使用する道具

 

植え付けるときに、
土に緩効性肥料をコップ1〜1.5杯分ほど混ぜこんでおきます。

窒素5:リン酸8:カリウム5の割合が理想です。

あとは、年に4回ほど株元へ緩行性肥料を施してください。
生育の悪いときや悪天候が続いているときは、
薄めた液肥でミネラルやアミノ酸を与えるとよいですよ。

肥料がないと元気に育たたなくなりますが、
植え付けのときからたくさん肥料をあたえると、
栄養のある環境に慣れて、
その後の生長が悪くなります。

最初は、できるだけ成分の少ないものを施すのがポイントです。
•1回目は3月初旬、窒素8:リン酸8:カリウム8
•2回目は5月下旬、窒素3:リン酸6:カリウム5
•3回目は9月中旬、窒素8:リン酸16:カリウム10
•4回目は10月下旬、窒素5:リン酸10:カリウム8

 

プロも愛用の人気植物活力液!
全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」

 

スポンサードリンク




 

牡丹(ボタン)の植え方のやり方について

牡丹(ボタン)は、植え替えけを嫌うので、
地植えに植え替えは必要ありません。

ただ、植え付けてすぐに株が弱ってしまったときは、
その場所が適していない証拠なので、
10月頃に植え替えてください。

 

鉢植えの場合は、
3~5年を目安に生育が悪くなったら、
10月頃に植え替えをします。

根の下の方についた土を落とし、
黒か黒褐色に変色している根を1/3〜2/3ほど切り取ってから、
新しい土へ植え替えます。
植え替えの手順は植え付けと同じです。

 

 

 

牡丹(ボタン)の剪定のやり方について

牡丹(ボタン)は、花が咲き終わった後
そのまま放っておくと種ができてしまい、
株が弱ってしまいます。

そのため、花が終わったら思い切って花茎ごと切り落とす
「花がら摘み」を行います。

また、場合によっては芽かきなど、
季節ごとに剪定の手入れが必要になります。

 

5~6月:花がら摘み

株が弱るのを防ぐため、
花の後は、種をつけさせないように
花を花茎からおもいっきって切り取りましょう。

 

植え付け1年目は、
特に花を咲かせると株が消耗するので、
早めに花を切り取るのがポイントです。

花と下の葉の間を剪定するのがポイントです。
また、台木の芍薬からひこばえ(新しい芽)が生えてくることがあるので、
見つけたら、付け根から取り除いてください。

 

 

6月下旬

6月下旬頃からわき芽がつきはじめるので、取り除きます。
放っておくと牡丹の背丈がどんどん高くなり、
手入れが大変になります。

根元の3芽ほど残し、
上の方にある芽は全てかき取る「芽かき」をするとよいですよ。

特に、枝に支柱をしたままにしておくと
背丈が高くなりやすくなるので注意してください。

 

 

9~10月

葉が黄色くなってくる頃に、
細かい枝の剪定をします。

翌年に花をつける新しい芽や葉の芽は残して、
発芽しない枝だけ切り取るのがコツです。
全ての葉っぱと、変色した葉を下向きに生やす枝などを切り取ります。

樹形を乱していても、
できるだけ自然に生えた新しい枝は、
残しておくのがポイントです。

翌年、発芽しなかったときに剪定するくらいの余裕をもちましょう。

また、葉の元となる「葉芽」は全て切り落としてください。
花芽は、栄養を作りだす工場なので、
1つでも多く残しておくのことで苗が長生きします。
葉芽は三角形で小さく、花芽は丸くて大きい形をしています。

 

 

 

牡丹(ボタン)の増やし方について

牡丹(ボタン)を増やすには、
芍薬の芍薬のゴボウ根をしようします。

.8~9月頃、カミソリなどで芍薬のゴボウ根を切り取り、
2〜3芽ついた新しく伸びた牡丹の枝を、
芍薬の台木に挿し込み、ビニールテープや麻ひもで縛ります。
そして、テープなどで固定し、
苗植えと同じ方法と植え付け、栽培します。

 

 

 

 

牡丹(ボタン)の病害虫対策について

牡丹(ボタン)の害虫対策について

使用する道具

 

 

カイガラムシ

12~2月頃、マシン油乳剤(97%剤)、石灰硫黄合剤などを2回ほど散布しましょう。

 

 

 

カミキリムシ

スミチオン乳剤などを定期的に散布してカミキリムシが卵を産みつけないよう予防します。

 

 

 

牡丹(ボタン)の病気対策について

 

使用する道具

 

 

うどんこ病

殺虫殺菌剤「ベニカⅩファインスプレー、殺菌剤「STダコニール1000」で防除しましょう。

 

 

 

黒斑病

他の株にも感染します。見つけ次第、発生した葉を切り取って処分します。

 

 

 

まとめ

牡丹(ボタン)は、日当たりや水はけのよい土を好みます。
牡丹(ボタン)は地植えが適しています。
耐暑性や耐寒性が高く、
しっかり育てられれば、
毎年艶やかな花を楽しむことができますよ。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す