タツナミソウの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

タツナミソウは、
本州〜九州の丘陵の林縁や草地に生える多年草です。

片側を向いて咲く小花が集まった様子は、
寄せる波のように見えます。

その性質の強さからグランドカバーとして利用されたり、
小さく仕立てて盆栽として楽しまれたりします。

そこで今回は、
タツナミソウの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

タツナミソウの花言葉について

タツナミソウの花言葉は、
「私の命を捧げます」です。

タツナミソウが、民間の薬や漢方に用いられていた歴史に由来します。

タツナミソウ

 

 

 

 

タツナミソウの育て方について

土づくりの仕方について

市販の草花培養土を使用します。

草花用培養土

 

 

庭の土を使用する場合は、
腐葉土を混ぜ込んで、水はけを良くしておきます。

腐葉土

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、
適期は芽出し前の2月~3月、花後の6月、秋の9月~10月中旬です。

強健で、日当りから半日陰の場所で育ちますが、
日光不足では間伸びするので気を付けましょう。

 

 

 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

地植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。

自然の雨のみで大丈夫です。

 

 

 

 

肥料の与え方について

鉢植えの場合は、
3月~4月、6月~7月に少量の緩効性肥料を施します。
肥料が多すぎると草姿が乱れるので、少な目を心がけます。

マグアンプ

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

こぼれ種でどんどん広がります。

その他にも、
挿し芽、株分けでも増やせます。

 

 

挿し芽の適期は6月~7月です。
成長した茎を切り取って挿し穂にします。

 

挿し芽に発根促進剤メネデールを使用することによって、
失敗を防ぐことが出来ます。
薄めたメネデール液に2~3時間浸してから、挿します。

 

メネデール

 

 

 

 

病害虫対策について

特に発生しません

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す