チンゲン菜の育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

チンゲンサイは栄養いっぱいの緑黄色野菜です。

カロテンやビタミンC、
鉄分やカルシウムがたくさん含まれていて、
生長も早く、家庭菜園にはお勧めです。

そこで今回は、
チンゲン菜の育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

 

スポンサードリンク




 

チンゲン菜について

耐暑性が強く、生育は旺盛で栽培容易。
葉は光沢のよい濃緑色の丸葉。葉柄は淡緑色で幅広く、肉厚。
葉、葉柄ともにやわらかくて歯切れがよく、
熱を加えても鮮やかなグリーンは失われず、
中華料理はもちろん、煮物や漬物など幅広く利用できる。

チンゲン菜

 

ガーデニング用品なら、
何でも揃う
アイリスプラザ

 

チンゲン菜の育て方について

チンゲン菜は、冷涼な気候を好みます。
暑さにも比較的強いので、
真冬を除けば、ほぼ1年中栽培できます。

栽培は、日当たりと水はけのよいところで畑を選びます。
また、連作障害には強い野菜ですが、
病害虫の被害をうけやすい野菜なので、
防虫ネットなどで被覆して防除するとよいでしょう。

 

 

 

土づくりについて

 

使用する道具

 

タネ蒔きの2週間前位に堆肥と石灰、
油粕・化成肥料等を散布し、よく混ぜておきます。

肥料は生育期間が短いですので、
基肥中心に与えてください。

株間15〜20cmほどを確保して、畝を立てます。

 

pHは5.5〜6.5が目安です。

土壌の酸度調整(pH)はしっかりと行いましょう。

土壌酸度計があれば、それぞれの植物に合った土づくりに便利です。

 

 

 

チンゲン菜の種まきの仕方について

種は畑に直播きします。

条間15〜20cmでまき溝をつけ条播きに。
軽く覆土をして鎮圧し、たっぷりと水をやります。

 

 

 

スポンサードリンク




 

防虫ネットをかけます

 

使用する道具

 

チンゲン菜は、気温が上昇してくると害虫の被害を受けやすく、
対策を講じないと、ほとんど収穫できないこともあります。

特に無農薬で栽培する場合は、
季節を問わず、防虫ネットや不織布などの資材で全体を覆い、
害虫の侵入を防ぐ方法が効果的です。

 

 

混み合った苗は間引きます

本葉が伸び始めたら、間引きします。

混みあった所や生育の悪い株を2〜3回に分けて間引き、
株間を広げて、尻と呼ばれる葉の付け根部分を太らせます。

最終的に株間は15〜20cmにします。

 

 

チンゲン菜の肥料の与え方について

 

使用する道具

 

草丈が10cmの頃、その2週間後に追肥をします。

条間にパラパラと肥料を施し、除草を兼ねて中耕しておきます。

 

 

プロも愛用の人気植物活力液!
全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」

 

 

 

適度に育ったら、収穫します

種まきから40〜50日後、
草丈20cmほどで尻が十分に太ってきたら収穫時期です。

採り遅れると食感が筋張ってくるので、
若くて柔らかいうちに収穫するのがオススメです。

ハサミで根元を切って収穫します。

 

 

チンゲン菜の病害虫対策について

チンゲン菜の害虫対策について

 

使用する道具

 

 

アオムシ

葉を食害することがります。殺虫剤「オルトランDX粒剤」の散布が効果的です

 

 

 

アブラムシ

殺虫剤「ベニカR乳剤」や殺虫殺菌剤「ベニカグリーンVスプレー」を散布しましょう。
植えつけ時に殺虫剤「GFオルトラン粒剤」を植え穴に、さらに生育時には株元へ散布しておくと、アブラムシの発生を抑える効果が持続します。

 

 

まとめ

チンゲン菜は大変育てやすい野菜で、
成長も早い特徴があります。

ただし、チンゲン菜は害虫被害にあいやすい野菜ですので、
しっかりと害虫対策をしましょう。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す