大根の育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

大根は、大変育てやすい野菜です。

大根には、夏~秋どり大根
春~夏どり大根
秋~冬どり大根があります。

収穫できる季節により、
味の特徴も変わってきます。

大根の種まきは、
直播です。

曲がりのない真っすぐな大根を作るには、
直播き意外には不可能です。

そこで今回は、
大根の育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

大根の品種について

夏~秋どり大根 健白

肉質は歯切れがよく純白で、
高温期でも肉質の変色(うるみ)が少ない。

形状は尻づまりのよい総太り型で収量性が高く、
加工適性にもすぐれる。
初夏どり、秋どりが可能で、
肉質の均一な品種が求められる業務・加工向けとして最適。

夏~秋どり大根 健白

 

秋~冬どり大根 耐病総太り

ス入りが極めて遅い甘い青首ダイコンの定番!

ロングセラーを続ける良質の青首総太りダイコンの代名詞。
作りやすく、特にス入りが遅い。
尻の肉付きがよく、肌は白くてツヤがあり、
青首とのコントラストが美しく、肉質も上々。
秋の適期栽培では根長38cm、根径8cm程度になる

秋~冬どり大根 耐病総太り

 

春~夏どり大根 春神楽

晩抽で低温伸長性、低温肥大性にすぐれる
本種の播種適期である暖地の年内~1月まきにおいて
抽苔の危険性は少なく、
しかも低温下での伸長性、肥大性にすぐれる。
尻づまり良好で根形が安定
胴太りになりにくく、尻づまりも良好で根形が安定し、
根姿が美しい。
そろいがよく、1月まきのトンネル栽培では、
根長38cm、根径8cm程度となる。

春~夏どり大根 春神楽

 

 

ガーデニング用品なら、
何でも揃う
アイリスプラザ

 

大根の育て方について

大根には、みずみずしくて生でも美味しいもの、
煮ることで味わいがでるもの、
辛みがあるもの、それぞれ個性があります。

「大根十耕」と言うように、
土中で太らせるダイコンの栽培は、
土を深く、そして丹念に耕すことが、
良いダイコンを作るコツです。

播種(種まき)から収穫までの日数は、
約60日〜100日となります。(品種・作型によって異なります)

 

 

 

土づくりについて

 

使用する道具

 

大根は根が非常に深く伸びるので、
耕土が深く、保水力があり、排水性のいい土が適しています。

また、ダイコンの生長点である根の先端部分が障害物に触れると、
根が分かれて又根になってしまいます。

そのため、土の塊や石、植物の残渣などは丁寧に取り除き、
深くまでよく耕しておきます。
タネまきの2週間前までに、
苦土石灰を1m2当たり100~150gをまいてよく耕しておきます。

株間30cmを確保して畝を作り、
過湿に弱いので高畝にします。

 

pHは5.5〜6.5が目安です。

土壌酸度計があれば、それぞれの植物に合った土づくりに便利です。

 

 

 

スポンサードリンク




 

大根の種を蒔きます

株間30cmで1ヶ所に4、5粒を点まきします。

軽く土をかぶせたら、鎮圧して種と土を密着させ、
たっぷりと水をやります。

 

大根の生えてきたばかりの芽は、
以下のような形をしています。

 

 

大根を間引きます

本葉が1~2枚のころ、
生育のよいものを残して、
1か所につき3本に間引きます。

間引いたら、株元に軽く土を寄せておくと、
倒れるのを予防できます。

続いて本葉3~4枚のときに2本に、
本葉6~7枚のときに1本立ちにします。

なお、間引き菜は根を摘み取って、
お浸しや汁の浮き実として利用できます。

 

 

大根の肥料の与え方について

使用する道具

 

地植えは、1㎡当たり100gの化成肥料を施しておきます。

そして、本葉3~4枚と本葉5~6枚の頃の2回、
間引き後にそれぞれの株元から少し離れたところに、
化成肥料をばらまきます。

 

 

 

大きく育った大根から収穫します

秋採りで、種まきから60日〜70日後が収穫期です。

収穫時期が近くなると、葉が立ち上がってきます。
立ち上がった葉の先端が垂れてきたら、収穫適期のサインです。

 

収穫の際は、茎の根元の部分と首を持ち、
真っ直ぐ上に引き抜くようにして収穫します。

尚、収穫適期を過ぎると、ダイコンの中にスが入ったり、
割れたりすることがあるため、
収穫時期を逃さないように気をつけましょう。

 

 

 

大根の病害虫対策について

大根の害虫対策について

 

使用する道具

 

アオムシ

葉を食害することがります。殺虫剤「オルトランDX粒剤」の散布が効果的です

 

 

 

 

アブラムシ

殺虫剤「ベニカR乳剤」や殺虫殺菌剤「ベニカグリーンVスプレー」を散布しましょう。
植えつけ時に殺虫剤「GFオルトラン粒剤」を植え穴に、さらに生育時には株元へ散布しておくと、アブラムシの発生を抑える効果が持続します。

 

 

 

ヨトウムシ

殺虫剤「オルトランDX粒剤」、「ベニカS乳剤」を散布しましょう

 

 

ネキリムシ

中に潜み、根を食害する。ダイアジノンが効果的です

 

 

 

大根の病気対策について

 

使用する道具

 

 

亀裂褐色変病

殺菌剤「石原フロンサイド粉剤」を土壌混和し予防します。

 

 

 

まとめ

大根の育て方のコツは、
土の塊や石、植物の残渣などは丁寧に取り除き、
深くまでよく耕しておきます。

そうしないと、途中で曲がってしまったり、
二股に分かれてしまったりしてしまいます。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す