グズマニアの育て方について 肥料の与え方・増やし方・きれいに咲かせ方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

グズマニアは、花苞を数か月間観賞できるので人気の観葉植物です。
葉は重なり合って筒状になり、
その間に水をためて生育しています。

グズマニアの花言葉は、
「あなたは完璧」「熱情」「理想の夫婦」です。

子株が出来てそれに花をつけたす。
通年25度程度で管理すれば どんどん殖えます。

強い直射日光に当たると葉っぱが焼けてしまいますので、
カーテン越しの適度な日光に当ててくださいね。

そこで今回は、
グズマニアの育て方について
肥料の与え方・増やし方・きれいに咲かせ方・
病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

グズマニアの育て方について

グズマニアの土づくりについて

愚図魔には栽培には、
用土を使用しません。

水ゴケ単用です。
株がぐらつかないようにしっかりと詰めます。

グズマニア

 

 

 

グズマニアの植替えの仕方について

グズマニアの植替えは、
花後におこないます。

湿らせた水ゴケでしっかりとくるんで、
鉢に植え替えます。

その際、鉢の底には大粒の軽石やちぎった発泡スチロールを鉢の底に敷いて、
上げ底してから植え付けましょう。

 

 

 

グズマニアの肥料の与え方について

グズマニアが成長期に入ると、
葉色が薄くなります。

大体、成長期は5月からと言われています。

葉色が薄くなったら施肥してやりましょう。
液肥か、緩行性の置き肥を通常よりも薄め、
少なめに施します。

ハイポネックス

 

 

 

グズマニアの水やりの仕方について

水遣りは霧吹きではなく、
株元にお水を溜めるようにします。

グズマニアの水のやり方は少し変わっています。
株元が筒状になっており、そこから水を吸収するため、
生育期5~10月にはその部分に常に水をためるようにしておきます。

水やりの際は、筒状の部分にたまった水が入れ替わるくらい、
株の上からたっぷりと水を注ぎかけます。

秋頃からはたまった水をいったん出してしまい、
(鉢を逆さまにして水を出してしまう)、
葉筒部の底にわずかに水がたまる程度にとどめておきます。

空気が乾燥するようなら、
どきどき霧吹きで葉に水をかけてあげましょう。

一年を通して、空気中の湿度が高い環境を好みます。

 

 

 

 

グズマニアの剪定の仕方について

グズマニアは、
花が咲き終わった株は小株の発生後枯れます。
その小株が成長して花が咲き終われば、
再び小株の発生後枯れます。

これの繰り返しです。

変色した葉は、
観賞用という意味でも良くないので、
こまめに切り取りましょう。

 

越冬温度は3~5℃、
冬は室内の日の当たる場所に取り込んで育てます。

 

 

 

スポンサードリンク




 

グズマニアの増やし方について

グズマニアは、株分けによって増やすことが出います。

花後の植え替えをおこなう際に、株分けもおこないます。

花後に子株がワキから生えてくるので、
子株の葉が10枚以上になったら、
親株から切り離し、鉢に植えます。

肥料は2ヶ月後くらい、根がでてから与えましょう。
切り離す際は、なるたけ切り口の面積が小さくなるようにしましょう。

 

 

 

グズマニアには、HB101がお勧めです

HB101は、宣伝がすごかったので、
初めて使ってみました。

効果は気がついたら「病気が出なくなっていた」です。

以前に定期的にやっていました。
実感がわかずに辞めました。

そして気がついたら、
使用している時は病気の症状が出なかった。
辞めたら発生した、です。

それと最近口角のところが割れてきたのですが、
101を塗ったら治った、です。

もちろん治る時期だったのかもしれません。
できたのに気がついて塗って2、3日で良くなりました。

HB-101

 

 

 

グズマニアの病害虫対策について

グズマニアの害虫対策について

使用する道具

 

カイガラムシ

薬剤に強いので、ティッシュで拭き取ったり、ピンセット等で取り除きます。
効果的なのは、水で洗い流すと良いです。
鉢土に卵が潜んでる可能性が有るので、洗い流した後は植え替えると安心です。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
カイガラムシの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

 

 

 

グズマニアの病気対策について

特にありません

 

 

まとめ

グズマニアはパイナップルの仲間ですが
本来樹上や岩肌などにへばりついている事が
多い植物です。

この様な場所は水気がほとんど無いので
特殊な生態を身に着けました。

それが葉の間に雨水などを溜めて
それを葉から吸い生きる事です。

よって、水やりにだけ気を付けて、
葉の付け根の窪みにあたえるだけです。

他にはかかると腐ったりしますよ。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す