フロックス ドラモンディーの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

フロックス ドラモンディーは、
ニチニチソウを小型にしたような花がたくさんつきます。

ハナシノブ科の秋まき1年草で、
別名キキョウナデシコと呼ばれています。

小花がたくさん咲いて、
とても綺麗な花です。

そこで今回は、
フロックス ドラモンディーの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

フロックス ドラモンディーの花言葉について

フロックス ドラモンディーの花言葉は、
「あなたの望みを受けます」「全員一致」です。

 

フロックス ドラモンディーの、
小花が集まって咲く姿を現わしています。

フロックス ドラモンディー

 

 

 

 

フロックス ドラモンディーの育て方について

土づくりの仕方について

市販の草花培養土が適しています。

草花用培養土

 

 

自分で配合する場合は、
赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜて使用します。

 

庭の土を使用する場合は、
アルカリ性の土を好むので、
石灰類をすき込んでから植えると良いでしょう。

苦土石灰

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植え付けの時期は、4月です。
株間を20cmほどあけて植え付けます。

日当りと水はけの良い場所を好みますが、
高温に弱く、うどん粉病が出やすいので、
密植せず風通しを良くしてやります。

幼苗のうちに定植して大きく育てると、
花つきが良くなります。

 

 

 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

 

 

 

肥料の与え方について

植えつけの時に、
元肥として緩効性肥料を土に混ぜておきます。

マグアンプ

 

 

生育期間中は、
10日に1回のペースで液肥を与えましょう。

ハイポネックス

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

種まきで増やします。
種播きは9~10月です。

種まき用の土に種をまいたら、
軽く土をかぶせて乾燥しないように管理して発芽させます。

発芽温度は15度前後です。

その後、本葉が2枚になったらポットに移植します。

 

 

 

 

病害虫対策について

アブラムシやうどん粉病が発生します。

 

アブラムシには、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

うどん粉病の予防のため、ダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す