コキアの育て方について 植えつけ方や利用方法、元気に育てるコツを紹介します

コキアは、細かく枝分かれし、
ふんわりとした炎状に茂ります。

初夏は青々としたさわやかな緑が、
秋には鮮やかな紅葉が楽しめます。

夏になると小さな花をたくさん咲かせ、
暑い季節の癒やしになってくれます。

秋には真赤に紅葉し、
カラーリーフプラントとして活躍します。

そこで今回は、
コキアの育て方について紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

コキアの花言葉について

コキアの花言葉は、
「恵まれた生活」、「夫婦円満」、「私はあなたに打ち明けます」です。

ふんわりとした球状の草姿がユニークで、
秋に赤く紅葉するところも魅力の一つです。

 

コキア

 

 

 

 

コキアの育て方について

土づくりの仕方について

市販の草花培養土を使用します。

 

草花培養土

 

 

お庭に植える場合は、
庭土に堆肥を2割くらいの割合で混ぜ込みます。

 

バークたい肥

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

コキアは日当たりと風通しの良い場所を好みます。
日光が足りないと生育状態が悪くなります。

植え付けはあまり根を動かさないように注意しながら、
なるべく小さいうちに行いましょう。

コキアは移植を嫌います。

 

 

 

 

水やりの仕方について

過湿にならないよう気を付けます。

鉢植えの場合は、
土の表面がしっかりと乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

 

庭植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。

 

 

 

 

肥料の与え方について

肥料はあまり必要としません。
逆に、窒素肥料が多すぎると、
コキアの樹形が乱れてしまいます。

6月から8月に月1回ほど、
固形油粕を置き肥をします。

 

固形油粕

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

挿し芽と種まきで増やすことが出来ますが、
挿し芽はお勧めしません。
挿し芽で増やすと、樹形が整いません。

 

10月下旬頃には枯れはじめますので、
紅葉を過ぎて、葉が茶色くなったら、種を採取します。

新聞紙の上で、
根元から切り取った株を紙の上で振るか、
軽くたたき、種を落とします。
こうすることで、ゴマよりも小さい種がたくさん採取できます。

 

種まきは4~5月に行います。
6月から8月の高温長日期に盛んに成長し、
8月下旬以降は花芽が多くなって伸長はほとんど止まります。

晩秋にはタネが実り、株は枯れます。
場所によっては、こぼれダネから自然に芽生えて毎年生育します。

 

 

 

 

利用の仕方について

コキアは、ほうきとして利用できます。
8月下旬ごろに刈り取って陰干しし、ほうきとして使用します。

 

コキアの枝はまっすぐに伸び、
細かく枝分かれしています。

束ねて結び、柄につけ、形を整えるだけで立派なほうきになります。

自分で作った愛着のあるコキアのほうきで、
お掃除する体験も楽しいものですよ。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

害虫はほとんど発生しませんが、
日当たりが悪いと灰色かび病が発生することがあります。

 

発生したらダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す