ジニアリネアリスの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ジニアリネアリスは、
メキシコを中心に分布するキク科の一年草です。

こんもりと横に広がり、
草丈30cm前後にしかならないコンパクトな品種です。

花色は、赤、白、オレンジ色、黄などがあります。

そこで今回は、
ジニアリネアリスの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ジニアリネアリスの花言葉について

ジニアリネアリスの花言葉は、
「不在の友を思う」「注意を怠るな」です。

ジニアの花期が長いことにちなむといわれます。

ジニアリネアリス

 

 

 

 

ジニアリネアリスの育て方について

土づくりの仕方について

市販の草花用培養土を使うか、
自分で配合する場合は、
赤玉土(小粒)7・腐葉土3などの配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで使用します。

草花用培養土

 

庭の土を使用する場合は、
用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけを良くしておきます。
さらに元肥として、完熟堆肥を混ぜ込んでおきます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、
5~6月です。
60㎝プランターに3株が目安です。

地植えの場合は、株間は25~30㎝程度です。

 

日照時間が足りないと花付きが悪くなるので、
よく日の当たる場所で育てます。

 

 

 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

地植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。
自然の雨のみで大丈夫です。

 

 

 

 

肥料の与え方について

植えつけの時に、
元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜ込んでおきます。

マグアンプ

 

ジニアリネアリスは初夏から秋までと、
比較的開花期間が長いので、この期間肥料を切らさないようにします。
※肥料が切れると、途中花数が減ることがあります

追肥として、5月~9月の生育期間中、
緩効性化成肥料を月に1回程度株元に施すか、
液体肥料を月に3回程度施します。

ハイポネックス

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

挿し芽と種まきで増やすことが出来ます。

挿し芽の時期は、5月下旬~7月上旬です。
茎を先端から6㎝程度の長さに切り取って挿し穂にします。
水揚げをして挿し木用土に挿して下さい。
明るい日陰で水を切らさないように管理して発根を待ちます。

 

挿し芽に発根促進剤メネデールを使用することによって、
失敗を防ぐことが出来ます。
薄めたメネデール液に2~3時間浸してから、挿します。

 

メネデール

 

 

種まきの場合は、4月~5月に撒きます。
発芽温度は20℃~25℃です。

覆土は5㎜程度と薄く覆土します。

発芽までは1週間程度かかります。

 

 

 

 

病害虫対策について

風通しが悪いと、うどんこ病が発生することがあります。

 

予防のために、ダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す