ステビアの育て方について 元気に育てるコツを紹介します

ステビアは、キク科の植物です。
最近低カロリーの甘味料として注目されているこのハーブには、
砂糖の200~300倍もの甘味成分が含まれ、
生葉をかむと爽やかな甘味があります。

色々な食品や飲料に、
ノンカロリーの天然由来甘味料として古くから利用されています。
その為、葉はブレンドしたハーブティーの甘味料としてよく利用されます。

そこで今回は、
ステビアの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ステビアの花言葉について

ステビアの花言葉は、
「生きる」「清潔」です。

現地では、貴重な甘味料や薬草として使用されていたため、
このような花言葉が付いています。

ステビア

 

 

 

 

ステビアの育て方について

土づくりの仕方について

ステビアは、水はけが良くて肥えた土を好みます。

自分で配合する場合は、
赤玉土(小粒)6:腐葉土4の割合で混ぜたて使用します。

 

地植えにする場合は、
植え付ける場所に腐葉土や堆肥などを混ぜ込んでおきます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、4月です。
日当たりを好む出ので、
日当たりの良い場所で育てます。

ただし、30℃を超すと暑さで弱ることがあるので、
真夏は風通しの良い場所が適しています。

霜や寒風に当てなければ0℃くらいまでは耐えるので、
暖地や一部平地では露地で冬越しできます。

 

 

 

 

水やりの仕方について

乾燥がやや苦手な植物なので、
鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、しっかりと水を与えます。

 

地植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。
自然の雨のみで大丈夫です。
ただし、あまりにも乾燥する日が続く場合は、水を与えます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

植えつけるときに、
緩効性肥料を混ぜ込んでおきます。

マグアンプ

 

その後は、春から秋の間は2~3ヶ月に1回、
追加として油かすなどの固形肥料を少量与えます。

油粕

 

 

 

 

利用の仕方について

ステビアの葉は、
収穫してハーブティーなどに利用する事が出来ます。
収穫時期は、春から夏の終わりまで行えます。

 

また、葉を煮出して作る、
ステビアシロップも人気です。

鍋に「乾燥させたステビアの葉1:水1」の割合で入れ、
弱火で甘みが出るまで煮出していきます。

 

 

 

増やし方について

種まきと挿し木で増やすことが出来ます。

種まきで増やす場合は、
5月に種まきを行います。

挿し木で増やす場合は、
芽先を10cmくらいに切って、
水にさして、十分に発根させてから、
湿らした用土に挿します。

カットした茎を土に直接、
挿して挿し木で増やすことが出来ますが、
挿し木をする前に水挿しで栽培して、
十分に発根させてから挿し木を行えば、
挿し木の成功率が格段に上がります。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

アブラムシが発生することがあります。

 

害虫が発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す