シバザクラの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

シバザクラは、
初夏になると地面を覆い、ピンクの可愛い花を咲かせます。

芝のように踏圧に強くないので、
人が踏まないところで育てます。

グランドカーペットに向いているのはもちろん、
鉢花としてもとてもかわいくて美しいです。

そこで今回は、
シバザクラの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

シバザクラの花言葉について

シバザクラの花言葉は、
「臆病な心」、「希望」、「忍耐」、「合意」、「燃える恋」、「温和」です。

小さな花が集まって咲くことから由来しています。

シバザクラ

 

 

 

 

シバザクラの育て方について

土づくりの仕方について

水はけの良い土を粉に見ます。

市販の草花用培養土に、
川砂を1~2割混ぜて使用します。

草花用培養土

 

 

 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、
9月下旬から11月中旬、3月下旬から6月下旬です。

20~30cm間隔で植えつけます。

日当たりが良くて、
水はけが良い場所に植えます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

庭上の場合は、特に水やりに必要はありません。
自然の雨のみで大丈夫です。

シバザクラは、過湿に弱いので、
水のやりすぎに注意します。

 

 

 

 

肥料の与え方について

花をつける前(早春)と、開花後(初夏)に肥料を与えます。

窒素成分が少ないマグアンプが適しています。

マグアンプ

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

挿し芽と株分けで増やすことが出来ます。

挿し芽の場合は、
9月下旬から10月下旬に、茎の先端を5~10cmほど切り、
鹿沼土にさします。

挿し芽に発根促進剤メネデールを使用することによって、
失敗を防ぐことが出来ます。
薄めたメネデール液に2~3時間浸してから、挿します。

 

メネデール

 

 

 

株分けで増やす場合は、
花後に株分けします。
しっかりとみ水を与えて、
根付かせます。

 

 

 

 

病害虫対策について

ほとんど発生しません。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す