クモマグサの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

クモマグサの草丈は10~20cm弱で、
多数の芽が集まってクッション状になっています。

それぞれの芽の中心から花茎を伸ばし、
直径2cm弱のウメに似た形の花を1~3輪、
上向きに咲かせます。

花色はホワイト・ピンク・レッドがあります。
耐寒性は強いですが、耐暑性はやや弱いです。

そこで今回は、
クモマグサの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

クモマグサの花言葉について

クモマグサの花言葉は、
「活力」です。

雲が行きかうような高い山で花を咲かせる、
強さを表現しています。

 

クモマグサ

 

 

 

 

クモマグサの育て方について

土づくりの仕方について

用土は水はけの良い桐生砂を主体とした土が良いです。

市販の土を利用する場合は、
山野草用培養土をしようします。

 

山野草の土

 

 

自分で配合する場合は、
軽石、硬質鹿沼土(または日向土)、桐生砂の各小粒を、
等量の割合で混ぜて使います。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

日当たりの良い場所を好みますが、
多湿に弱いので梅雨時は雨の当たらない屋根下などに移動します。

また、暑さにも少し弱いため、
夏に入る前には風通しの良い半日陰に置きましょう。

植え替えの時期は開花が終わったら行います。

 

 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

地植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。

自然の雨だけで十分です。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

植え付けの時に、
緩効性肥料を元肥として混ぜ込んでおきます。

 

緩効性肥料

 

その後は、3月から9月にかけて、
月に1~2回、ハイポネックスを2000倍に薄めて施します。

 

ハイポネックス

 

 

 

増やし方について

挿し木や株分けで増やします。

挿し木用土はピート主体の挿し木用土で行えます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

カイガラムシやハダニ・アブラムシが発生することがあります。

 

ハダニやアブラムシが発生したら、
ベニカXファインスプレーを散布しましょう。

草花、花木や庭木の幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。
害虫に対しては速効性と持続性があります(アブラムシで約1カ月)。
病原菌の侵入を防いで病気も防除します。

ベニカXファインスプレー

 

 

カイガラムシが発生したら、
ブラシなどでこすって落としましょう。

 

 

また、
6月~8月に軟腐病が発生することがあります。

発生したらダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す