ブロワリアの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ブロワリアは、熱帯アメリカに分布する多年草ですが、
耐寒性が弱いので、
春播き一年草として扱われます。

青紫色の小さな星形の花をつけ、
枝は垂れ下がるように茂り、
ハンギングには最適です。

そこで今回は、
ブロワリアの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ブロワリアの花言葉について

ブロワリアの花言葉は、
「祈り」です。

ブロワリアの花を贈るなら、
「ブロワリアの花言葉」を知った上で花を贈りましょう。

 

 

 

 

ブロワリアの育て方について

土づくりの仕方について

市販の草花培養土が適しています。

草花用培養土

 

 

自分で配合する場合は、
赤玉土が6割、腐葉土が4割で混ぜて使用します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、6月です。

株間は、10センチから20センチくらいとります。

開花している期間が長く本来は多年草なので、
冬は室内で保温すると周年開花します。

基本的に日当りと水はけの良い場所を好みますが、
夏の強い日差しを嫌うので、
真夏は半日陰で管理すると良いでしょう。

 

 

 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

 

 

 

肥料の与え方について

植えつけの時に、
緩効性肥料を混ぜ込んでおきます。

マグアンプ

 

 

その後は、定期的に液肥を与えます。

ハイポネックス

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

種まきと挿し芽で増やすことが出来ます。

播種は3~4月に行います。
種が非常に小さいので、
平鉢にまいて受け皿から水を吸わせます。

発芽をするまでは用土を乾かさないようにし、
本葉が2枚から3枚ぐらいになったとき、
ポットに仮植えするようにします。

本葉が更に増えて5枚ぐらいなってきたら、
10センチから20センチぐらいの間隔に定植するようにします。

5~6月の挿し芽でもふやすことができます。

 

 

 

 

病害虫対策について

特にありません。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す