夏を涼しく!! すだれの種類と選び方、取り付け方

夏の暑さ対策と・日よけ対策の定番と言えば
すだれですよね。

すだれは、目隠し効果もあり
夏だけではなく、年中使用することができますし
取付けも簡単です。

そこで今回は、どんな種類のすだれがあるのか?
すだれの種類ごとの効果と、取り付け方について紹介します。

スポンサードリンク




 

すだれの種類について

すだれには、材質によっていろいろな種類があり、
見た目や雰囲気も全然違います。

①天津すだれ

これは一般的なすだれになります。
すだれの本場・中国天津の葭を使用しています。
一般的に価格が安く、どこにでも売っているすだれとなります。

天津すだれ

天津すだれ

 

②萩すだれ

最上級の本萩のみ使用しております。
仕上がりの美しさは圧巻です。

1本1本、細い穴にいれて熱を加えることで、
まっすぐになり、この渋い赤茶の色になります。
気の遠くなるような手間をかけて、
このなんとも言えない美しさが完成します。

萩を育てるのは大変な為、今では1.2件
しか扱っておらず、とても希少な素材です。

萩すだれ

萩すだれ

 

③竹すだれ

この竹すだれの特徴は、
なんて言っても見た目がきれいなことです。
そして、強度があり数年持ちます。

生地が丈夫で、デザイン性・インテリア性溢れる商品です。
窓廻りはもちろん、間仕切りにもぴったり!
お部屋の間仕切りや、目隠しとしても、
お洒落なアジアンインテリアとしてもおススメです。

竹すだれ

竹すだれ

 

 

すだれの取り付け必要部品について

すだれの取り付けには、
フックなどの部品が必要です。どのような部品があるのか紹介していきます。

 

①すだれハンガー

一般的に使われているすだれ用のハンガーです。
取り付け簡単で、サッシ窓用(外吊り用)のすだれハンガーです。

幅88(96)cmのすだれには2個使用します。
幅176cmのものには4個必要です。
サッシ枠には取り付け部分にキズがつかないよう、
付属のキズ防止板をご使用ください。

すだれハンガー
すだれハンガー

 

スポンサードリンク




②すだれフック

取り付け簡単で、カモイを傷つけないネジ式のすだれフックです。
幅88(96)cmのすだれには2個使用します。
幅176cmのものには4個必要です。

すだれフック

すだれフック

 

③マグネット式すだれフック

サッシやシャッターフード等平らなスチール部にくっつきます。
マグネットタイプなので、取り外しもラクラク、取り付け面も傷つけません
幅88(96)cmのすだれには2個使用します。
幅176cmのものには4個必要です。

マグネット式すだれフック

マグネット式すだれフック

 

④すだれ巻き上げ機

すだれが、ロールスクリーンの様に
時間単に巻き上げることができます。
必要ない時には、巻き上げておくことができます。

すだれ巻き上げ機

すだれ 巻き上げ器

 

すだれの取り付け方

すだれを用意します

すだれは、窓よりも少し大きい大きさのものを選びます。
少し大きめのものを選ばないと、
太陽の角度によっては、日差しが入り込んでくるからです。

 

すだれを取り付けます

すだれを外にかけるときに引っかける場所がない場合は、
すだれ用フックが便利です。
取り付ける時は、窓から10㎝くらい離すのがポイントです。
窓ガラスとの隙間が少なすぎると、
部屋に熱がこもり、空気の循環が悪くなります。

すだれハンガーを使うと、窓から離して取り付けることができますよ。

 

すだれ巻き上げ機を取り付けます

必要な場合は、すだれ巻き上げ機を取り付けます。
すだれ巻き上げ機は、左右に1つづつ取り付けることがポイントです。
真ん中だけだと、左右のバランスがイマイチになります。

すだれ巻き上げ機の取り付け方

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

すだれには色々な種類があり、
取り付け金具も様々です。
私のおすすめは、竹すだれです。
なんて言っても見た目重視ですよね。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
夏を涼しく快適に!! 日よけサンシェードの取り付け方 自分で簡単に取り付けする方法を紹介します 
夏を涼しく快適に!! 竹ロールスクリーン、竹カーテンの取り付け方 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す